Sponsored Link

ユーヴェが土壇場のPKでミランに劇的勝利、ホーム31連勝達成!負傷の本田はメンバー外

1
セリエA第28節が10日に行われ、ユヴェントスと日本代表MF本田圭佑所属のミランが対戦した。本田は負傷の影響でベンチ入りメンバーから外れた。

ホームゲーム30連勝中と圧倒的な強さを見せるユヴェントスがミランを迎えての名門対決。ユヴェントスはFWゴンサロ・イグアインやFWパウロ・ディバラ、ミランはFWカルロス・バッカやFWジェラール・デウロフェウらが先発起用された。

【スコア】
ユヴェントス 2-1 ミラン
【得点者】
1-0 30分 メディ・ベナティア(ユヴェントス)
1-1 43分 カルロス・バッカ(ミラン)
2-1 90+7分 パウロ・ディバラ(PK)(ユヴェントス)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00561448-soccerk-socc

ユヴェントスがラストプレーで勝ち越し、ホームの連勝を31に


2
先制したのはユヴェントス。30分、ペナルティエリア手前右でパスを受けたダニエウ・アウヴェスがダイレクトでディフェンスラインの裏に浮き球のパスを送ると、抜け出したメディ・ベナティアが胸トラップから豪快に右足で蹴り込み、ゴールネットを揺らした。

1点を追いかけるミランは43分、カウンターを仕掛け、デウロフェウが左サイドを突破。エリア内にスルーパスを通すと、オフサイドラインぎりぎりで抜け出したバッカがGKジャンルイジ・ブッフォンの股下を抜くシュートを決め、前半のうちにスコアをタイに戻した。

後半は得点が生まれないまま時間が経過し、アディショナルタイムにイグアインが迎えたシュートチャンスはGKジャンルイジ・ドンナルンマの好セーブに阻まれた。

それでも後半アディショナルタイム5分、最後の攻撃を仕掛けたユヴェントスは、エリア内右でこぼれ球を拾ったシュテファン・リヒトシュタイナーが右足でクロス。このボールがDFマッティア・デ・シリオの手に当たり、主審はPKの判定を下した。後半アディショナル7分、このPKをディバラがゴール左隅にきっちり決めて、土壇場でユヴェントスが勝ち越しに成功した。

試合はこのままタイムアップを迎え、ユヴェントスが2-1で勝利。ホーム連勝記録を「31」に伸ばした。

次節、ユヴェントスは19日に敵地でサンプドリアと、ミランは18日にホームでジェノアと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年03月11日 10:33
    • ID:mQDo8vjY0
    • ディバラ心臓強いね
      ミランはアウェイで頑張った
      この戦力差で大したものだ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年03月11日 10:44
    • ID:yj0c2AxD0
    • いい試合だったな。どっちも気持ちが強く出てた。やはりユーヴェとミラノ勢はこうでなくちゃな。あの土壇場で腕を後ろに回してなかったのが追いつめられたミランの限界だったんだと思う
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年03月11日 11:57
    • ID:N3TnpLIb0
    • 負けたけどドンナルンマが凄まじかったわ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ