Sponsored Link

トッテナム、アリの決勝PKで3連勝…吉田フル出場のサウサンプトンを下す

1
プレミアリーグ第29節が19日に行われ、トッテナムと日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが対戦した。

トッテナムはハリー・ケインが負傷のため欠場。ソン・フンミンが1トップに入り、クリスティアン・エリクセンとデレ・アリがシャドーの位置に入った。一方のサウサンプトンは、今冬の加入ながらすでに4得点を記録しているマノーロ・ガッビアディーニの1トップ。吉田はリーグ戦9試合連続のスタメンとなった。

【スコア】
トッテナム 2-1 サウサンプトン
【得点者】
1-0 14分 クリスティアン・エリクセン(トッテナム)
2-0 33分 デレ・アリ(トッテナム)
2-1 52分 ジェームズ・ウォード・プラウズ(サウサンプトン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00564872-soccerk-socc

サウサンプトンは好調トッテナムに競り負け連勝ストップ


2
13分、ムサ・デンベレからのパスを受けたエリクセンがドリブルから左足を振り抜き、トッテナムが早い時間帯に先制点を奪う。29分、追いかける展開となったサウサンプトンにアクシデント。ガッビアディーニが内転筋を痛め、シェーン・ロングとの交代を余儀なくされる。すると33分、アリがエリア内で倒されPKを獲得。このPKをアリが落ち着いて決め、2点のリードで前半を折り返す。

後半に入り52分、左サイドを駆け上がったライアン・バートランドのクロスに、イングランド代表に初選出されたジェームズ・ウォード・プラウズが合わせて1点を返す。その後はソフィアン・ブファル、ジェイ・ロドリゲスと攻撃的な選手を投入し、サウサンプトンが同点弾を狙いに行ったものの、試合は2-1でタイムアップ。

首位チェルシーを追走するトッテナムが、サウサンプトンに競り勝ち3ポイントを獲得。リーグ戦3連勝、さらにホーム10連勝を達成した。

次節、トッテナムはアウェイでバーンリー、サウサンプトンはアウェイでボーンマスと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年03月20日 09:30
    • ID:BfZol37i0
    • 前半のヨッシーは悪かったけど後半はよかったね。まぁスパーズ相手って考えたらよくやったよ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ


おすすめRSS
ページアップ