Sponsored Link

ハリルが日本代表を率いる上で助かっていること…アフリカ人との差異にも言及

1
日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、アジアでの挑戦は過去アフリカでの2カ国と全く異なるものであると考えているようだ。『FIFA.com』のインタビューで明かした。

過去にコートジボワール、アルジェリアを率いた経験を持つボスニア・ヘルツェゴヴィナ人指揮官は、どちらもワールドカップ出場に導いてきた。特に2014年のブラジル・ワールドカップではアルジェリアをベスト16に躍進させ、世界中から手腕を高く評価されている。

ハリルホジッチは日本人がアフリカ人とは異なっている点で助かっていることもあると明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000022-goal-socc

日本代表の弱みと強みを説明


2
「日本人は仕事にしっかりと取り組む、まじめで尊敬に値する人々だ。その姿勢は、私の指揮官としての仕事を遂行するうえで本当に助かっている」

「地域レベル、国レベルのものとされるいくつかの問題に直面したが、より戦術的にそして身体的な取り組みによってそれを補おうとしている。技術レベルはとても高いが、身体的なところでさらに多くを求めている。2018年W杯出場が達成されれば、それは日本のフットボール全体にとっての進展と言えるだろう」

また、どこの国や地域にも強みと弱点があり、異なるアプローチを取る必要があると話した。

「私はアフリカで指揮を執ってきたが、アフリカの選手たちは強靭なフィジカルを持っており、彼らはピッチ上に居座ることができる。北アフリカの選手は個々のテクニックが非常に長けていて素晴らしいが、規律という点に目を向けると、そこは日本が非常に秀でている。ここに来てからは選手と問題を抱えたことがなく、これは本当に敬意を払うべきことだ。どんな国、どんな地域にも強みと弱点というものがあり、またそれぞれ独自の試合へのアプローチの仕方がある」
3
日本は6月7日にキリンチャレンジカップ2017でシリア代表と対戦。その後、同13日に敵地でイラク代表との最終予選第8戦に臨む。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年04月17日 21:38
    • ID:rNRTPsYZ0
    • 日本人はテクニックあると言われたり、思ってたりしてるが、それはDFからMFにかけてのボール配給ための技術でMFからFwの仕掛けのドリブルやゴール前のテクニックは普通にアルジェリアなんかの選手のが上手いよな。
      冷静に考えるとW杯に出てもタレントというか個人の質では下の16ヵ国のレベルだろう
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年04月17日 21:46
    • ID:SveXPbro0
    • ※1
      メンタルの問題もあるのかな
      サイドで1対1の場面でもSBの上りを待って・・・てな感じで勝負する選択肢がそもそも頭にないような選手が多い気がする
      デンベレとかマレズみたいに持ちすぎで叩かれるぐらいの日本人選手がいても面白いのにな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年04月17日 22:04
    • ID:RF2uUxNY0
    • フィジカルで負けてるとテクニック出す前に萎縮しちゃって力が出せない
      香川なんかは経験者からしたら奇跡的な存在だよマジで
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年04月17日 22:05
    • ID:ht0IkYfR0
    • アフリカの強豪国はもうフィジカルだけじゃなくテクニックも備えてるからなぁ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年04月17日 22:45
    • ID:rNRTPsYZ0
    • ※2仕掛けない、リスク負わないっていうのは取られてチームに迷惑かけられないって責任感とやっぱり年長者に叱責されるのが嫌というのがあると思うんだよね
      闘莉王が若手にキレてて、その選手が「逆に闘莉王がミスしたらどうします?」って聞かれて「自分は何も言いません」みたいなこと答えてた気がする。これじゃリスク負えない、自分の持ち味出せない。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年04月17日 23:17
    • ID:.pytpOrT0
    • いや、J全体の戦術が怪我を恐れてボール回しでどうにかしようだから
      フィジカルが軽視になり勝ち。海外に移籍したときにこの部分で暫くは使えない
      ゴール前に来る前に潰そうとする欧米に比べると、ゴール前を固めて守ろうとする日本
      これが代表で海外勢と日本勢の守備意識に破綻を齎してる
    • 7
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年04月17日 23:26
    • ID:BgOlU7aw0
    • 海外じゃフィジコ3人とか当たり前なのに
      Jじゃフィジコ0のところも普通にあってビビったらしいからなw

      日本は曲芸的なテクニックはあるけど、サッカーで必要なシュートまで行くテクニック(プレッシャー下でのパスの強弱、精度や判断速度、トラップの質、その時の体の向き、使い方等)は無いのが明確な世界との差
       その結果どうしてもパス数多くして攻めるしか無い
    • 8
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年04月17日 23:27
    • ID:rLhLzVG50
    • ※1
      最近の選手はボールテクニックは平均的に上手いけど配球が上手いかと言うとそうでもない気がするけどな
      組織で動く事を叩きこまれてるから繋ぐプレーは出来るんだろうけどそれだけって感じ
      一昔前は10番タイプばかり育ってたんだけどなあ
    • 9
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年04月17日 23:33
    • ID:m026h0D50
    • 日本じゃ持ちすぎで叩かれた乾が、スペインではもっとエゴイストになれ!って言われてるぐらいだからね
    • 10
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年04月18日 00:16
    • ID:.Mjv.S9a0
    • みんなの意見を総括すると、ハリルはそれを見抜いて欧州組に固執してるわけだ。ハリルだけじゃなくアギーレもザックもね。
      日本人は(特に国内組は)精神的にも技術的にも世界と対戦する為のサッカーが出来てないと。Jリーグは国内専用のサッカーをしてるだけだと。
    • 11
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年04月18日 00:17
    • ID:FTfaxbUw0
    • 逆にドリブルとか足元のテクニックは日本はなかなか高いって聞いたけどなあ
      スペインはSBでも俺よりうまいっていってた俊さんも、ドリブルはチームで一番うまかったらしいし
      トラップとかパスとか基礎的な技術の面ではやっぱりサッカー後進国って感じがするわ
    • 12
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年04月18日 01:49
    • ID:8AGGG2Sh0
    • Jリーグの1番の問題はパススピードの遅さと、身体的接触に怯む選手が多過ぎる事。
    • 13
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年04月18日 01:56
    • ID:FpLGVWYw0
    • ※10
      ハリルら日本代表監督じゃなくても、どこの国も欧州組中心だよ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ