Sponsored Link

U-16日本代表、モンテギュー国際は3位でフィニッシュ。デンマーク相手に斉藤の2ゴールで逆転勝ち

1
モンテギュー国際(フランス)に参戦したU-16日本代表が17日、U-16デンマーク代表との3位決定戦を2-1で制した。

同代表を率いる森山佳郎監督は、日本協会を通じて「選手たちにとって、『世界基準の相手と戦うためのクオリティやインテンシティは、日常の意識や取り組みを変えていかねば得られない』ということを、強烈に感じることができた貴重な機会となったと思います」とコメント。

小さくない収穫を得る一方で、敗れたポルトガル戦(※準決勝戦)については「改めて止める・蹴る・運ぶといった基本の質、プレッシャーの中での判断スピードやプレースピードの必要性、守備でも1対1の対応力、危険察知能力、ヘディングをパスにすることなど課題がはっきりと浮き彫りになりました」とした。

[3位決定戦] U-16日本代表 2-1 U-16デンマーク代表/4月17日
●得点経過
後半16分:失点(U-16デンマーク代表)
後半25分:斉藤光毅
後半33分:斉藤光毅

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170418-00024747-sdigestw-socc

日本は後半16分にカウンターから失点したものの、その後に反撃を開始する。まずは後半25分、西川潤のスルーパスに抜け出した斉藤光毅が、相手GKをかわして同点ゴールを見舞う。さらに斉藤は後半33分、ブラウンノア賢信のクロスに合わせて逆転弾を流し込んだ。途中出場の斉藤が2得点の活躍で、チームを勝利に導いた。



今遠征で日本は、第1戦のベルギーU-16代表に2-0、第2戦のU-16アメリカ代表に3-2で勝利。迎えた準決勝のポルトガルU-16代表戦は1-2で敗れたが、前述の通り3位決定戦でデンマークU-16代表を下し、大会を3勝1敗で終えた。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ


おすすめRSS
ページアップ