Sponsored Link

右足首じん帯損傷でチーム離脱の大迫、保存療法での回復を図ることに

1
ケルンは8月1日、日本代表FW大迫勇也が右足首じん帯損傷で離脱を強いられると発表した。クラブ公式ツイッターが伝えている。

クラブの発表によれば、大迫は右足首じん帯損傷と診断され、当面はトレーニングに参加しないこととなった。同選手は保存療法での回復を図ることとなり、4日にチームとともにケルンへ戻るという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00620362-soccerk-socc

右足首を負傷したケルンの大迫勇也



ドイツ誌『キッカー』日本語版によると、大迫は7月31日に行われたボローニャとのテストマッチに先発出場。しかし開始12分、相手シュートを右足でブロックした際に足首を捻ったという。

ケルンのペーター・シュテーガー監督は「正確なことはまだ何も言えない」と前置きしながらも、「ただ初見では、あまり良い感じには見えない」と懸念を示していた。

今回の発表では、全治の見通しなど詳細は明かされていない。ケルンは今夏の移籍市場でフランス人FWアントニー・モデストが退団し、大迫にかかる期待はより大きなものとなっている。

そして日本代表も今月31日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選のオーストラリア代表戦を控えている。クラブでも代表でも、存在感を示している大迫。一日も早い回復と復帰が待たれるところだ。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年08月02日 05:01
    • ID:LZ6.zQ0Y0
    • 豪州戦に間に合わなかったらかなーりヤバいなこれ…
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年08月02日 06:23
    • ID:H3sqxehb0
    • スポニチだと全治3週間
      JFAがレター出すのは8/12くらいだろうけど招集するのかな?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ