Sponsored Link

C大阪サポ涙、急成長DF木本がやった…奇跡のAT決勝弾に興奮「人生で一番」

1
[10.8 ルヴァン杯準決勝第2戦 G大阪1-2C大阪 吹田S]

最後まで諦めてはいけないということだ。1-1で迎えた後半アディショナルタイム5分、右サイドからMF水沼宏太がクロスを上げると、DF木本恭生がヘディングで合わせる。「最後、1点取れば勝ちだと分かっていた」。急成長を遂げる24歳の2試合連続ゴールは、セレッソ大阪を史上初の決勝に導いた。

【得点者】
0-1 15分 柿谷曜一朗(C大阪)
1-1 60分 泉澤仁(G大阪)
1-2 90+5分 木本恭生(C大阪)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-01644931-gekisaka-socc

DF木本恭生のAT劇的弾によって、C大阪がダービーマッチを制し、決勝に勝ち上がった


2
これ以上ない劇的弾。1-1のままであれば、アウェーゴールの差によって、G大阪が4年連続の決勝に進むことになっていた。木本の決勝弾のあとに試合は再開されたが、直後に試合終了のホイッスル。歓喜に沸くC大阪のサポーターの中には、涙する人の姿もあった。

木本も興奮を抑えきれないといった様子でインタビューに答えた。「正直、諦めている人ももしかしたらいたかもしれないけど…」と話すも、「サポーターと戦っている自分たち、ベンチの人たちは諦めていなかったと思うので、諦めずに最後まで戦い抜くことを意識していた」とチーム力の勝利を誇った。

大阪ダービーでのゴール、そして劇的決勝弾について、「体験したことがないので、嬉しいですけど、感情が何とも言えない。人生で一番?一番に入るくらいの嬉しさ」と必死に言葉に表現すると、「自分たちはまだ何も成し遂げていない。一つになって戦いたい。ここまで来たらタイトルを獲りたい」と決勝へ向け気持ちを切り替えた。

決勝戦は11月4日に行われる。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月08日 17:07
    • ID:074T.HcZ0
    • ガンバざっこ。天皇杯は応援する気もないわ。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月08日 17:19
    • ID:.nKxzAjF0
    • ガンバ天皇杯おらんやんW
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月08日 17:27
    • ID:4k8ntBa30
    • どっちがタイトルとっても初とか最高やん
      童貞卒業はどっちかなー
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月08日 17:44
    • ID:A1U0hBJE0
    • セレッソおめでとう!
      ガンバは一時の勝負強さが完全に失われてるな
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月08日 19:45
    • ID:eHZa8U.60
    • セレッソ女子校はヴァージン、ムカンターレはチェリーからの脱却とかサイコーやん
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月08日 20:18
    • ID:gNTrjlLW0
    • スル銀杯への挑戦権は是が非でも欲しいだろうな両チームとも
    • 7
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月08日 20:44
    • ID:Y1R8Jfwo0
    • 大森と阿部の存在は大きかったなガンバ
    • 8
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月09日 05:54
    • ID:qji0JosT0
    • 柿谷はちゃんと使えばしっかり仕事するなぁ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ