Sponsored Link

宇佐美貴史、ブンデス2部でシゴかれ中。ドイツの恩師から「サボるな」

1
再起をかけ、宇佐美貴史は2016年夏、自身2度目となるドイツ移籍を果たした。しかし、かつて“天才“と称された男は、昨季の公式戦でわずか11試合、たった437分間の出場に終わるなど、失意の1年を過ごすことになった。

その悪い流れは今季に入っても変わらず、リーグ開幕前のドイツ杯1回戦を含め、ブンデスリーガ第2節まで3試合連続のベンチ外。アウクスブルクでの立ち位置を失った宇佐美は、在籍1年で期限付き移籍を決断した。

新天地となったフォルトゥナ・デュッセルドルフは、今季第4節で2部リーグ首位に立ち、以降は第6節を除いてその座をキープしている。宇佐美も加入後に迎えた初戦(第5節)のウニオン・ベルリン戦で、74分にさっそく途中出場の機会をもらうと、それから10分後に鮮やかな同点弾。さらに、初先発となった第8節ザンクトパウリ戦では貴重な先制点をもたらし、チーム内での存在感を高めつつある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171009-00010005-sportiva-socc

最初の2~3日経った時に、いきなり個人面談をされて、喝を入れられたり


2
“宇佐美・復活“のキーマンに挙げられるのは、デュッセルドルフのアシスタントコーチを務めていたペーター・ヘアマン(10月6日にバイエルン・ミュンヘンのアシスタントコーチに就任)。ヘアマンは、2013年夏から1年3カ月を内田篤人が在籍していたシャルケで、それ以前は、クラブ史上初の3冠を達成したバイエルン・ミュンヘンでも同職に就いている。3冠を達成したユップ・ハインケス監督のバイエルン復帰に伴い、監督からの熱烈オファーを受けたヘアマンはデュッセルドルフを離れることになったが、19歳でドイツ最大のビッグクラブにやってきた宇佐美をよく知る人物である。

10代で名門バイエルンの扉を叩いた宇佐美の現状については、ブンデスリーガ屈指の名参謀も歯がゆく思っているようだ。デュッセルドルフへの移籍が決まった数日後、ヘアマンはかつての愛弟子にハッパをかけている。

「最初の2~3日経った時に、いきなり個人面談をされて、喝を入れられたり。まぁ(自分の現状について)いろいろ思ってくれているんだなっていうのはすごく感じましたし、評価してくれているところと、厳しい言葉とを投げかけられて......。『なんでお前より能力の高くない選手がアウクスブルクで試合に出て、お前は出れてないんだ』みたいなことを、けっこう言われましたね。ずっとじゃないですけど、20分くらい(笑)。監督とも直接話しましたけど、ペーター(・ヘアマン)からはそういう感じで、完全に尻を叩かれた感じですね」

加入から1カ月以上が経過し、リーグ中断期間前の最後のリーグ戦となった第9節デュイスブルク戦後、宇佐美はヘアマン主導の日々のトレーニングについて、こう話している。

「彼にはすごく要求をされますし、『サボるな』とすごく言われます。練習が終わった後に必ず、どれだけの距離を走ったかなどをデータ化されたのを見られて。(データの数値が)低いと、『低い!』って言われますし、逆に上がっているとすごく褒めてくれる。練習が終わった後に、個別でトレーニングしたりコンディションを上げたり、今はすごく努力もしていますし、そういう中で試合がいいリズムで入ってくれば、もっと体のフィーリングがよくなると思うんで。

チームでの練習もしっかりやってますからね。本当に量がすごくて、インテンシティも高い


4
要求はすごく厳しいですけど、そこに応えていきたいとは思っています。なんていうんですかね、“投げやり“という感じではなくて、優しさを持って言ってくれているのかなっていうのはあります。ただ、選手が面と向かって言われたら嫌なことをバシバシ言ってくれる人なので、そこはしっかり受け止めながら(笑)。この中断期間もね、有意義にしっかり使えば、そろそろ(コンディションは)問題ないかなとは思いますし、そういう部分をしっかり練習から表現していければって感じです」

残念ながら、デュッセルドルフで先発の座を掴み取る前にヘイマンはチームを去り、宇佐美もキリンカップの日本代表メンバーには選出されなかった。しかし、ドイツで4クラブを渡り歩き、成熟した大人へと変貌を遂げつつある宇佐美の表情から、余計な焦りは感じられない。

「チームでの練習もしっかりやってますからね。本当に量がすごくて、インテンシティ(プレー強度)も高いので、練習をしっかりこなしていれば、間違いなくコンディションは上がってくると思います。そのプラスアルファのところで、練習が終わった後にもう少し追い込む作業ができれば......っていうイメージはできています。(代表への想いも)もちろんありますよ。毎回(メンバーに入ることを)狙っていきたいですし、そのために、まずは自分のフィジカル的なコンディションをもっともっと上げていかなきゃいけないと思っています」
3
日の丸を背負ってロシアに行く――。来年のW杯から逆算で出した答えとはいえ、プライドを捨てて2部での戦いを決断することは、周囲が考える以上に簡単ではなかったはず。だが、彼はあえてその道を選んだ。夢のW杯出場に向け、宇佐美の逆襲がいよいよ始まろうとしている。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 01:19
    • ID:1FqROXuk0
    • 今まで散々言われてこれなんだからオフザボールの動きは一生よくならんだろうな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 01:21
    • ID:DX0811DR0
    • ヘアマン連れてかれてたのか…
      コーチ運ないよなぁ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 01:37
    • ID:XnAWgtXe0
    • なんか天才が故に気付かなかった普通のことを今学んでる感じだな
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 01:42
    • ID:XG7ijkXH0
    • ある程度通用する才能があるから向上心が低いのかな?
      こういうこと言うと叩かれそうだけど、じゃあ何で成長出来ないの?って話だしね
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 01:48
    • ID:.x.Y3RH90
    • 努力してても努力の方向性が間違ってれば成長しないよ
      方向性が合ってても才能ってのがあるわけで成長するとは限らない
      宇佐美の場合は怠け癖があるから性格の問題かな。性格も結局才能なんだけど
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 02:09
    • ID:v6ooIbef0
    • つれてかれちゃったのか・・・あのコーチ
      バイエルンに恨まれてるんじゃねーかと思うレベルやな
    • 7
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 02:12
    • ID:9lKAFt4u0
    • 才能があって日本で無双してたからこそ、努力を覚えなかった
      海外だと周りのレベルが高いから天才でも努力する
      久保も早く日本を出た方がいいね
    • 8
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 02:14
    • ID:yI1jgDuV0
    • 前線から守備なんかしなくていい
      オフサイド外しながら不用意なバックパスを狙うくらいでいい
    • 9
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 04:00
    • ID:sJTRvS6X0
    • 総合的にプロサッカー選手の才能が無いんだろ
    • 10
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 07:48
    • ID:raaSf9fK0
    • 日本人コーチはそれだけ厳しいことを言わないんだろうな。仮にいたとしても口だけで、トレーニングに付き合うまではないんじゃないかな。

      そもそも日本人コーチが日本人選手に言える範囲にも礼儀があって、思ってることをストレートに言ってしまうと人間関係が壊れてしまうから、軽くアドバイスだけして、これ以上は本人の責任だと必要以上なことは言わないとか。それが日本人たからな。

      たぶんこういう日本人気質というか、そういうのが代表の中でもあって、ベテラン選手と若手選手もお互い亀裂の入らない程度の話し合いしかなくて、心の底から、ああしてくれ、こうしてくれ、あれは違うんじゃないかとか、そういうぶっちゃけた会話がないことをハリルは危惧してるんだと思う。

      そのコーチって、ハリルみたいな感じかもな。言いたいことは隠さず言うみたいな。そのコーチのおかげで宇佐美の意識が変わってきた様に、ハリルのようにJリーグにもメディアにもズバズバダメだしする人物でないと日本サッカー界も変わろうとしなかったろう。
      宇佐美をバカにする奴とかいるけど、世界から見れば日本サッカー界も同じってこと。
    • 11
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 09:12
    • ID:KGCr2laN0
    • ※4
      向上心とか意識的なものじゃなくて、結果論だけど、ここがその才能の天井だったということでは?
    • 12
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 10:08
    • ID:jy3yBDGP0
    • 実績とポテンシャルは全然違うけどバロテッリは最近良さげになってるらしい。

      宇佐美は素行の問題はないから無所属や厄介払いなくチャンスは有り続けるはずだし。
    • 13
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 11:38
    • ID:NIblTjB40
    • 記者さんがどれくらいフランクに書いてるかわからんが、この様子だと真剣見が伝わらないな
    • 14
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 13:33
    • ID:Vg0EUBCj0
    • イタリアのクラブとかでありがちの
      前線は下がらずカウンターに備えてろってチームの方が宇佐美に合ってるだろうな
      今は苦手な事をずっとやらされて良い面も伸ばせてない
    • 15
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年10月10日 19:38
    • ID:OTgBt75b0
    • ガンバファンの声が大きかっただけ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ