Sponsored Link

メキシコ代表、2018ワールドカップモデルとなる新ユニフォームを発表

1
2018ワールドカップの北中米・カリブ海予選を勝ち抜き、9月に早々と本大会出場を決めたメキシコ代表。

9月2日にパナマ代表をホームに迎えたゲームを1-0で勝利し、3試合を残してロシア行きが決定。最終予選となった5次予選の成績は6勝3分1敗で、2位コスタリカ代表に勝点5の差をつけての堂々たる首位通過だった。

そのメキシコ代表が3日、2018ワールドカップ・ロシア大会で着用するホームキットとゴールキーパーキットを発表した。これらのユニフォームは、10日に行われるベルギー代表とのフレンドリーマッチから着用が予定されている。

http://news.livedoor.com/article/detail/13845870/

伝統のグリーンが映える今回のホームキット。前回のワールドカップモデル(2014-15モデル)はやや奇をてらった感があったが、今回はシンプルにまとめている。


2

目を引く両脇のグラフィックだが、1994年のワールドカップでadidasがテクニカルスポンサーを担当したブルガリア代表やスウェーデン代表などのユニフォームに同じ模様を見ることが出来るので、そこからインスピレーションを得ていると思われる。


3

adidasの代名詞であるスリーストライプスは肩に配している。背面の首元には“Soy México”(俺自身がメキシコ)をプリント。ワールドカップに向けての強い意気込みを感じ取れる。


4
5

パンツはホワイトを基調にチームエンブレムをプリント。ソックスはレッドを基調に、前面にはメキシコサッカー連盟の略称“FMF”のグラフィックが入る。ここにシャツのグリーンを合わせるとメキシコ国旗色が揃うことに。シャツの前面右下には“2018”の数字が入ったタブが付く。


“チチャリート”ことハビエル・エルナンデスも自身のTwitterに着用画像をアップ。他の代表選手も続々とSNSにユニフォーム姿を投稿している。


6
7
8

新しいゴールキーパーキットは幅が異なるボーダー柄という斬新なデザイン。基本的にはadidasのGKキット“adiPro 2018”がデザインのベースとなっている。なお背面にボーダーは入らない。


9
3日に行われたユニフォームの公式発表。これを見る限りではゴールキーパーは同系色の3点セットのようだ。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年11月05日 09:06
    • ID:ioJqL6Jo0
    • エンブレムだけ変えて来年の山雅のユニフォームに!ところでアウェイユニの色は?
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年11月05日 11:47
    • ID:pZzsW.Lf0
    • 俺は好きじゃないな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年11月05日 12:28
    • ID:kVDwi.0w0
    • 92~94年くらいのに似ているな
      あの頃のアディダスはだいたいこんな感じだった
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年11月05日 12:40
    • ID:D3eM2sgi0
    • 外国人が着るからなんでもかっこよく見える。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年11月05日 14:29
    • ID:Z3j212Y90
    • ※4
      だとしたら末期だな
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年11月05日 15:23
    • ID:FJEGuEJp0
    • 稲妻ユニ大好きだったんだけどな
      チチャ髪伸びたな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ