Sponsored Link

スイスが敵地で先勝、W杯出場に王手…PK弾で北アイルランド破る

1
2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選プレーオフのファーストレグが9日に行われ、北アイルランド代表とスイス代表が対戦した。

ポルトガル代表らと同居したグループBで9勝1敗と好成績を収めながら、2位フィニッシュとなってプレーオフに回ることとなったスイス。敵地で迎えたファーストレグでは、ファビアン・シェアやリカルド・ロドリゲス、グラニト・ジャカらが先発メンバーに名を連ねた。

【スコア】
北アイルランド代表 0-1 スイス代表
【得点者】
0-1 58分 リカルド・ロドリゲス(PK)(スイス代表)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00666943-soccerk-socc

スイス、PK弾守りきり北アイルランドに先勝


2
立ち上がりからスイスが主導権を握り、10分にはこぼれ球に反応したジャカがペナルティーエリア手前から左足シュート。わずかに枠を越えたが、ゴールを脅かした。

試合は次第に激しいボディコンタクトの応酬へ。前半は均衡が破られることなく、スコアレスで終了した。

スコアが動いたのは53分だった。クロスボールに反応したスイスのシェルダン・シャキリがボレーシュートを放つと、ブロックを試みた相手DFがハンドのファウルを取られ、PKに。R・ロドリゲスがゴール右隅へ決め、先制に成功した。

以後は得点が生まれることなく、試合は1-0で終了。スイスが敵地で完封勝利を収め、4大会連続11回目の本大会出場へ王手をかけた。

セカンドレグは12日に行われる。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ


おすすめRSS
ページアップ