Sponsored Link

ケーヒル、負傷抱えながらも豪州の予選突破に自信…「全てが順調に進むはず」

1
オーストラリア代表は15日、ロシア・ワールドカップ(W杯)予選大陸間プレーオフのホンジュラスとの2ndレグに臨む。FWティム・ケーヒルの試合に向けてのコメントをオーストラリア『ABC』などが伝えた。

現地時間10日にホンジュラスのホームで行われた1stレグは、どちらもゴールを奪えず0-0のドローに終わった。負傷の影響で出場が危ぶまれていた大エースのケーヒルはベンチに入ったものの、出場することなく90分間をベンチで過ごした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171113-00240676-footballc-socc

予選突破への自信を見せたケーヒル


2
だがケーヒルは、監督からの声がかかればプレーするつもりだったようだ。「ホンジュラスでの試合でプレーするべきだったとすれば、間違いなく貢献できていただろう」と37歳のベテランFWは語った。

「体の状態を整えて、この2試合のために全てを尽くす。それこそが大事なことだ。僕らの国が4大会連続のW杯に出場できるかどうかの大きなチャンスだからね」と試合の意味を強調している。

「全てが順調に進むはずだ。相手のことはいつもリスペクトしているが、ホンジュラスで見せた戦いぶりを考えれば、(2ndレグでも)良いパフォーマンスを発揮する準備ができていると感じられる」とケーヒルは予選突破への自信を見せた。
3
アウェイゴールを奪えなかったオーストラリアは、延長戦・PK戦に突入することなく勝利を決めるためには90分間でゴールを奪わなければならない。シリアとのアジア予選プレーオフで2得点の活躍を見せたケーヒルの力がまたしても必要となりそうだ。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年11月14日 08:18
    • ID:BrpNpkuM0
    • アジアのどのチームもオーストラリアでは引き分けが精一杯。そもそもオーストラリアがアジア5位になってるのも5強のうち3強が入った最終予選の組み合わせによるもの。2015アジア王者だし、ホンジュラスの評価が何故か高かったが北中米カリブ海4位じゃ、シドニーじゃ何も出来ないで終わるだろう。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年11月15日 03:20
    • ID:dlVTRFVV0
    • 俺はケーヒルを信じるよ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ