Sponsored Link

コウチーニョが1ゴール2アシストと躍動!鮮やかカウンター炸裂のリバプールが5発快勝

1
[12.2 プレミアリーグ第15節 ブライトン1-5リバプール]

プレミアリーグ第15節が2日に行われた。リバプールは敵地でブライトンと対戦し、5-1で快勝した。

前節ストーク・シティ戦から中2日ということでリバプールは、スタメンを6人変更。23歳DFアンドリュー・ロバートソンと19歳DFトレント・アレクサンダー・アーノルド、MFジョーダン・ヘンダーソン、MFジェームス・ミルナー、MFコウチーニョ、FWモハメド・サラーがスターティングメンバーに名を連ねた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-01647062-gekisaka-socc

リバプールが5-1で快勝した


2
リバプールは、流れの中からなかなかチャンスが作れないが、セットプレーから先制点を奪う。前半30分、コウチーニョの右CKからMFエムレ・カンがヘディングシュートを叩き込み、試合を動かした。

さらにリバプールは直後の前半32分、カウンターからサラーがボールを運び、PA左へパスを送る。これをコウチーニョがダイレクトで折り返し、ファーサイドに走り込んでいたFWロベルト・フィルミーノが右足で難なく流し込み、2-0。鮮やかな攻撃から一気にリードを広げた。

リバプールは後半3分、クロスからFWグレン・マレーに決定的なボレーを打たれるもGKシモン・ミニョレが好セーブ。ピンチを逃れると、そこからカウンターを仕掛け、サラーがドリブルで駆け上がる。相手を引き付けながらラストパスを送り、フィルミーノが右足で難なく決め、3点差とした。

厳しい状況となったブライトンだが、後半5分に右CKからDFシェーン・ダフィーがヘンダーソンに倒されてPKを獲得。これをマレーが冷静に沈めて、3-1と1点を返した。だが、リバプールは41分、ゴール正面やや左で獲得したFKをコウチーニョが壁の下を抜いてゴール左に決め、試合を決定づけた。

さらにリバプールは後半44分、コウチーニョがドリブルから放ったシュートがDFルイス・ダンクに当たってゴールネットを揺らし、勝負あり。リバプールが5-1で快勝し、2連勝で6試合負けなし(5勝1分)とした。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月03日 11:29
    • ID:3IrOcpuS0
    • 強すぎ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月03日 12:23
    • ID:L.m5sy4P0
    • コウチはやっぱ中盤よりウイングでプレーさせた方がいいな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月03日 16:16
    • ID:8j.aAWQj0
    • マネはどうしたんです?
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月03日 17:10
    • ID:zZ0..9.b0
    • マネはただのお休み
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ


おすすめRSS
ページアップ