Sponsored Link

21歳以下の市場価値最高選手は「244億円」。価値急上昇のその選手とは…

no title
FIFA(国際サッカー連盟)の教育研究機関であるCIES(スポーツ研究国際センター)は、欧州のいわゆる5大リーグでプレーする21歳以下の若手選手の市場価値ランキングを4日付で発表した。

スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランスの5ヶ国のトップリーグでプレーする若手選手の中で市場価値が最も高いと算出されたのは、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ。その評価額は1億8280万ユーロ(約244億円)だという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171205-00244991-footballc-socc

パリ・サンジェルマンのキリアン・ムバッペがトップに浮上


1
ムバッペの評価額は、9月1日時点での1億3380万ユーロ(約179億円)から3ヶ月間で「+37%」の急上昇。9月の時点では3位の市場価値だったが、トッテナムのMFデル・アリとバルセロナのFWウスマン・デンベレを抜いてトップに浮上した。

2位のアリは3ヶ月前より1%ダウンの1億8020万ユーロ(約241億円)。3位はマンチェスター・シティのドイツ代表MFリロイ・サネで、「+41%」の大幅上昇で1億2450万ユーロ(約166億円)と評価されている。デンベレは13%ダウンの評価額で2位から4位に後退した。

5位にはマンチェスター・ユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォードが続く。6位に位置するシティのFWガブリエウ・ジェズスは、3ヶ月前と比べて「+105%」と2倍以上に市場価値が上昇しているという。

7位から10位まではティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)、アントニー・マルシアル(ユナイテッド)、クリスティアン・プリシッチ(ボルシア・ドルトムント)、ダビンソン・サンチェス(トッテナム)という顔ぶれ。
3
100位まで公開されているランキングの中で、3ヶ月間での評価額の上昇率が最も高いのはリバプールのDFジョー・ゴメスであり、「+280%」と3.8倍に上昇して3420万ユーロ(約45億7000万円)での31位となっている。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月06日 08:49
    • ID:n405QChu0
    • やっぱサッカーはゴールを奪うスポーツだからな。
      ドンナルンマとかどのくらいなんだろう
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月06日 09:03
    • ID:ok5yN3Ks0
    • トップ5は全員アフリカ系の選手かな。早熟傾向もあるんだろうけど、現代フットボールを象徴してるよなぁ。
      日本はどう戦っていくのか、育成から危機感持たないとね。
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月06日 09:06
    • ID:NIoVPlC20
    • ドンナルンマは100億円ぐらいだろ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月06日 11:15
    • ID:hYxHKU6A0
    • グレミオのルアンってどのくらいなんだろ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月06日 11:33
    • ID:hMTJCaq.0
    • サネすき
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月06日 16:44
    • ID:N8hg1c4n0
    • マフレズ、バーディ、オルブライトン、ドリンク、カンテ…みんな10億以下だったんだから
      探せばいくらでも世界中にいい選手がいるだろうにねえ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ