Sponsored Link

驚異の超ロングシュート決めた昌子源「狙っていない」…自身のベストゴールとは?

1
EAFF E-1サッカー選手権第2戦が12日に味の素スタジアムで行われ、日本代表と中国代表が対戦。試合は2-1で日本が勝利を収め、2連勝を飾った。この日もキャプテンを務めたDF昌子源(鹿島アントラーズ)が、追加点となった驚異のロングシュートについて振り返った。

FW小林悠(川崎フロンターレ)のゴールで1-0とリードして迎えた88分、敵陣浅い位置でボールを持った昌子は、思い切って前方へ大きなボールを蹴り込んだ。なんとこれがそのままGKの伸ばした手を越えてゴールに突き刺さり、日本に貴重な追加点をもたらした。昌子は「狙っていないです。ゴールキックになってくれればいいなと思って」蹴ったと明かす。

「僕、鹿島でも結構あのへんから打つけど、ただ入っていないだけ」と、珍しいプレーではないと強調。クラブでは先輩に当たるMF小笠原満男もかつて日本代表戦で超ロングシュートを決めたことがあり、「あれは本当にすごいですよね。GKの位置見て、あの距離を正確にゴールに入れるっていうのは。すごい技術の持ち主だと思う」と改めて絶賛した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000025-goal-socc

ロングシュートを決めた昌子


2
今回のロングシュートが自身のベストゴールかと思いきや、意外にも本人は否定する。「人生で一番うれしかったのは、石井(正忠)さんが監督になった時のFC東京戦で、ヘディングで決めた決勝ゴール」だと断言。「これから鹿島を復活させなあかんって時に石井体制になって、引き分けで終わりそうなところを勝ちに持っていけた。そこから結構連勝もしたと思うし、ナビスコカップ(現JリーグYBCルヴァンカップ)も獲ったし、あれが一番うれしかった」と振り返った。

また、唯一の失点となったPKについては、「2点取って、俺らがふわっとしてしまったところはある。もう少し終わらせ方を大事にしたい」と猛反省。「ヒガシ(東口順昭)くんがちょっとつなぎに行ったけど、あれはもう全然蹴っても良かった。例えば俺が合図していたらヒガシくんは蹴っていたかもしれない。それ一つで全然変わったと思う」と、キャプテンとして、守備の要としての課題を口にした。

次戦は16日に行われる韓国代表戦。今大会最後の試合であり、優勝を懸けた大一番となる。昌子は「(韓国は)前から来るだろうし、GKに戻す機会が多くなるかもしれない。そういう時に、ワンプレーで失点につながるっていうことを次に生かさないといけない」と気を引き締めていた。
3
次戦は16日、日本は韓国代表と対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月13日 09:11
    • ID:v9unYVfK0
    • 高い位置まで来てしまってリスク軽減のためにロングシュートしたら入ってしまった感あった
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月13日 09:47
    • ID:.IJsNW1W0
    • カッッシマントラー!
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月13日 10:44
    • ID:BWxe11KW0
    • まあキーパーもそんな出てた訳でも無いしな
      シュートを打てば何か起きるってことか。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月13日 10:55
    • ID:e1Jf3mUy0
    • 狙ってねーなら打つなよ笑
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月13日 12:29
    • ID:5xo7XvY90
    • でもあれ、どう見てもシュートだよな。クリアするくらいなら枠に、って無意識で蹴ってるように見える。コースは狙ってないってだけで、やっぱゴラッソだと思いますわ。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月13日 15:58
    • ID:V8HUytRh0
    • 狙ってはみたもののまさか入るとはって感じか
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ