Sponsored Link

ケルンの現状を悲しむモデスト、補強政策に苦言「豊富な経験を持つ選手を獲るべきだった」

1
この夏に日本代表FWの大迫勇也が所属するケルンを離れ、中国の天津権健に渡ったフランス人FWアントニー・モデストは、古巣の低迷ぶりに心を痛めているようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が伝えた。

モデストは昨シーズン、ケルンでリーグ戦25ゴールをマークし、夏には3500万ユーロともいわれる移籍金で中国へと向かった。今でも家族がケルンに住む同選手だが、古巣の今シーズンの姿には落胆している様子だ。

「すべては僕の移籍を取り巻く騒ぎで始まり、ペーター・シュテーガーの解任によって、どん底に達した。このような成り行きはまったく予想できることではなかったし、大きな悲しみを覚えている」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00010000-goal-socc

古巣の低迷ぶりに言及


2
ケルンは夏に、コロンビア人FWジョン・コルドバ(24)やU-21スペイン代表DFホルヘ・メレ、U-21ドイツ代表DFヤンネス・ホルン(20)といった選手たちを獲得。その移籍市場での動向に、モデストは首をかしげる。

「クラブは監督が望んでいた選手たちを獲得できなかった。または他の選手を選んだんだ。その結果は満足できるようなものとはならなかった。僕が思うには、もう少し豊富な経験を持つ選手を1人か2人獲るべきだった。特に今のような状況では、そういう選手が重要となっていたのでね」

一方、ドルトムントの監督に就任した恩師の手腕に疑いはないようだ。

「彼は絶対にボルシア・ドルトムントで再び力を発揮するだろう。ペーター・シュテーガーは最高の監督だよ。彼の人間性がそうさせるんだ。彼はおそらく、最後はケルンで続けていくにあたって、気力を失っていた。僕は、彼にメッセージを送ったよ。彼のケルンとの別れは両者にとってのダメージだと考えている、とね」
3
ケルンはこの後、4:30よりバイエルンと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月14日 02:49
    • ID:9PqCtQyr0
    • そりゃあ25点取った選手の代わりが5点しか取れてない選手で務まると判断したフロントだからなあ…
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月14日 03:00
    • ID:BGCRwVNf0
    • 点をとれる選手がいたから、アシストやポストプレーしかできなくてもよく見える
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月14日 03:35
    • ID:jTpg5OK40
    • >ケルンはこの後、4:30よりバイエルンと対戦する。

      (白目)
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月14日 05:04
    • ID:VaeJ26ka0
    • 最終節相手はどこ?
      ポカールはシャルケだし勝つなら最終節しかないぞ…
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月14日 07:00
    • ID:HyrNBIe70
    • モデストを放出なんてするから悪い
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月14日 13:47
    • ID:m3DLGF..0
    • モデスト放出自体は高額で売れてるし悪く無くね?
      問題はそれで得た大金の使い方よ…
    • 7
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月14日 17:57
    • ID:RvIc57x50
    • ※4
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ