Sponsored Link

ブンデス公式選定「監督たちのゴールTOP10」…名将クロップらの現役時代の勇姿を公開

1
自らを送り出した11人の戦いぶりをテクニカルエリアで見守り、大声で鼓舞するサッカー監督。そんな彼らも、選手としてピッチで躍動していた時代がある。ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルでは、「かつてのスター、今や監督のゴール10選」として紹介。そこにはドルトムントやリバプールで一躍名を馳せたユルゲン・クロップ監督らの、現役時代の名シーンが収められている。

まず紹介されているのは、現在バイエルンの指揮官を務めるユップ・ハインケス監督だ。前回指揮した際には、チームを2012-13シーズンの三冠に導くなど名将として知られるが、現役時代の名シーンとして選ばれたのはボルシアMGに所属していた1972-73シーズンのデュッセルドルフ戦だ。右サイドからの低い弾道のクロスに対してマーカーの手前に飛び出して右足ボレー。強烈な一撃でゴールネットを揺らすと、会心のガッツポーズを見せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171225-00010006-soccermzw-socc

クロップ、レーブからクリンスマンまで、監督たちのビューティフル弾10選



紹介された監督10人のゴールは以下の通り。

10位 ユップ・ハインケス(バイエルン監督/1972-73:ボルシアMG)
9位 ハイコ・ヘルリッヒ(レバークーゼン監督/1997-98:ドルトムント)
8位 ニコ・コバチ(フランクフルト監督/2003-04:ヘルタ・ベルリン)
7位 トルステン・フリンクス(ダルムシュタット監督/2002-03:ドルトムント)
6位 ユルゲン・クロップ(リバプール監督/1997-98:マインツ)
5位 マティアス・ザマー(ドルトムント元監督ほか/1993-94:ドルトムント)v 4位 ヨアヒム・レーブ(ドイツ代表監督/1981-82:フランクフルト)
3位 ドゥンガ(ブラジル代表元監督ほか/1993-94:シュツットガルト)
2位 ユルゲン・クリンスマン(アメリカ代表元監督ほか/1987-88:シュツットガルト)
1位 ローター・マテウス(ハンガリー代表元監督ほか/1992-93:バイエルン)

その他にも、日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトのニコ・コバチ監督が、ヘルタ・ベルリン時代にバイエルンのGKオリバー・カーンの頭上を打ち破った左足ループシュート、トルステン・フリンクス(ダルムシュタット監督)、現在はフリーの立場にいるマティアス・ザマーのドルトムント時代のスーパーゴールも紹介。またドイツ代表でW杯優勝監督となったヨアヒム・レーブ氏についても、フランクフルト所属時代の1981-82シーズンに華麗なドリブル突破からのスーパーミドルが紹介されている。

そして10選の中には、MF香川真司の恩師でもあるクロップ監督のビューティフル弾も収められている。

スーパーゴールを叩き込んだのは1997-98シーズン、マインツ所属時代のこと。ペナルティーエリア外の右45度で浮き球パスを受けたクロップは、トラップ後に浮いたボールをハーフボレーで右足を一閃。強烈なドライブがかかったシュートはゴール左隅へと収まった。今では十八番とも言えるゴール後の歓喜のパフォーマンスだが、このゴール後もピッチを走って自らを誇示した。
3
今や世界的名将に上り詰めたクロップ監督やレーブ監督。もしかしたら現役時代の鮮やかなプレーを選手たちが目にしてくれれば、指揮官への信頼はさらに厚くなるかもしれない。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月25日 17:54
    • ID:KmoQb6530
    • クロップがいた当時のマインツは2部やけどな
      あとフリンクスは成績不振で今月解任されたで
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月25日 18:24
    • ID:HkoizofO0
    • この中だと選手としてもハインケスがNo.1なのか?
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2017年12月26日 00:37
    • ID:.REcmOMh0
    • ストイコビッチは監督になってから革靴でスーパーゴール決めたぞ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ