Sponsored Link

スタンド観戦のヴェンゲル「ノッティンガムは非常にキレていた」格下相手の敗戦に失望

1
アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、ノッティンガム・フォレストに試合を支配されたと敗戦への失望を露にした。

7日に行われたFAカップ3回戦でアーセナルはチャンピオンシップ(英2部)のノッティンガム・フォレストと対戦。しかし、格下相手に4失点を喫すなど、終始試合を優位に進められたアーセナルは2-4で敗れ、FAカップ連覇を目指した戦いは早くも終わりを迎えた。

【スコア】
ノッティンガム・フォレスト 4-2 アーセナル
【得点者】
1-0 22分 エリック・リチャイ(ノッティンガム・フォレスト)
1-1 23分 ペア・メルテザッカー(アーセナル)
2-1 44分 エリック・リチャイ(ノッティンガム・フォレスト)
3-1 64分 ベン・ブレレトン(ノッティンガム・フォレスト)
3-2 79分 ダニー・ウェルベック(アーセナル)
4-2 85分 キーラン・ドウェル(ノッティンガム・フォレスト)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180108-00000013-goal-socc

早々とFAカップからの敗退が決定


2
先日、FAから3試合のベンチ入り禁止処分を科され、この試合をスタンドから観戦したヴェンゲル監督は、試合後『BTスポーツ』で敗因について話している。

「ノッティンガムは非常にキレていて、我々よりも危険で、終始試合を支配していた。こうなってしまえば、試合はとても難しいものになる。それに我々は少しばかり不運だった。しかし、全体的に見ても彼らは我々よりもさらにキレて、鋭敏で、優位に立っていた。これだけ多くの場面で劣っていれば勝てるわけがない」

また、非常に多くのメンバーを入れ替えたことについて問われた同指揮官は「カップ戦で敗れれば、このように問われるのは致し方ない。我々は多くの選手を抱えていて、10日にも試合がある。今シーズンは何度も日曜、水曜、土曜の間隔で試合をしてきた。それに多くのアウェー戦も組み込まれている」

「選手選考の問題だって? たぶんそうだろう。個人のパフォーマンスの問題だって?これも当てはまるだろう。我々は4年間で3度のFAカップを制したから、これは通常の敗戦よりも辛いことだ。この大会を我々は非常に好んでいるから、今日のようなレベルの試合をしてしまいとても失望している」

アーセナルは10日、リーグカップ準決勝のファーストレグでロンドンのライバルであるチェルシーと対戦する。しかし、次の試合にもヴェンゲル監督はベンチ入りすることができない。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月08日 16:34
    • ID:OL1Gr.Uh0
    • まさか控えがあれほど酷いとは
      監督変えるだけでなく選手も変えないかんね
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 00:50
    • ID:tGDGiVFg0
    • 珍しく敗戦の言い訳なしだな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ