Sponsored Link

クロップ涙の「香川真司マンU移籍」に英紙再注目…ドルトムントの“大物流出4例”で紹介

1
リバプールはエースのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを、バルセロナに放出するという大きな痛手を被った。英メディアでは、名将ユルゲン・クロップ監督が古巣ドルトムント時代から直面していた「ビッグネーム引き抜きの事例」と、「その後の見事な対応策」を紹介。その記事の中で、2012年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍した愛弟子、MF香川真司も登場する。

「涙、トロフィー、そして移籍… ユルゲン・クロップはいかにビッグネームの移籍に対応してきたのか。リバプールにとってどのような意味を持つのか」との特集記事を組んだのは、英地元紙「リバプール・エコー」だった。コウチーニョにとっての悲願だったバルセロナ移籍に際し、クロップ監督は「選手は移籍するもの。それがフットボールだ。クラブとして我々は十分に強大だ。そして、ピッチ上でのアグレッシブな成長を続けるだけの強さを持っている。重要な選手を失ったとしても、だ」と語っている。

特集では、クロップ監督が08年から15年まで指揮したドルトムント時代の主力流出の事例を振り返っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180109-00010012-soccermzw-socc

コウチーニョのバルサ移籍に絡めて特集 ドルトムント時代の主力流出と対応策を分析


2
まず紹介されたのは、ドルトムントのトルコ代表MFヌリ・シャヒンだった。10-11シーズンのドルトムント9年ぶりのブンデスリーガ制覇に貢献後、スペインの名門レアル・マドリードに移籍した。

シャヒン移籍時のクロップの対応について、同紙は「素晴らしい。シャヒンとの会話で人情味を示しながら、クロップとドルトムントは夏に新たなる補強に視線を移した。イルカイ・ギュンドアンこそが、彼の代役に選ばれた者だった」と評価されている。現在マンチェスター・シティで活躍するギュンドアンは、11年夏にニュルンベルクから加入し、シャヒン流出の痛手を忘れさせるプレーを見せた。

一方で、シャヒンについては「スペイン移籍は上手くいかなかった。レアルではわずか1シーズンで10試合の出場。2012年8月にはリバプールにレンタルで出されたが、12試合3ゴールで2013年1月に契約期間は短縮された」と、ドルトムントからの移籍は失敗だったとされている。

そして2番目に登場するのが香川だ。

12年夏にサー・アレックス・ファーガソン元監督に才能を認められる形でマンチェスター・ユナイテッドに移籍した香川については、「クロップのドルトムントでの黄金時代における重要な存在が香川だ。2011、2012年のブンデスリーガ連覇で不可欠な存在だった。だが、シャヒンのように欧州のビッグクラブからの誘いはあまりに大きすぎた。彼はセレッソ大阪からわずか35万ユーロ(約4700万円)で獲得したが、マンチェスター・ユナイテッドは1200万ポンド(約18億円)を彼に支払った」と振り返っている。

そして、ユナイテッド2年目のデイビッド・モイーズ政権下で不遇を味わった香川についての、クロップ監督の魂の叫びも紹介している。

「シンジ・カガワは世界最高の選手の一人だ。彼は今、マンチェスター・ユナイテッドで20分しかプレーしていない。左ウイングで、だ。私の心は張り裂けている。本当に泣いたんだよ。セントラルミッドフィールドが、シンジの最高の役割なんだ。ゴール前で、今まで見た誰よりも嗅覚を持っているんだ。

だが、ほとんどの日本人にとっては、ドルトムントでのプレーより、マンチェスター・ユナイテッドでのプレーの方が大きな意味を持つんだ。彼が移籍した時には、私たちは20分間抱き合って泣いたんだよ」

愛弟子の窮状を見るに見かねた名将の当時の悲嘆に暮れた様子を紹介する一方で、香川流出後の対応は水際立っていたという。

「涙が収まった後、彼は本当に素晴らしい仕事をした! ボルシア・メンヘングラートバッハからマルコ・ロイスという、若く、才能溢れるアタッカーを選んだ。2013年にドルトムントをチャンピオンズリーグ決勝に導いたのだ」

香川流出の痛手を、ドイツ代表MFマルコ・ロイス獲得で完璧に補ったと同紙は称えている。

一方、香川のその後のイングランドでの挫折も紹介している。「シャヒンのように、彼の大きな移籍も想定通りにはいかなかった。カガワは確かにユナイテッドでの1年目にプレミアリーグの優勝メダルを手にしたが、ドルトムントで見せた好調さを示すことに苦労した」と指摘。2014年夏にドルトムントに復帰した。

2013年にはドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが、2014年にはポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが、それぞれバイエルンに引き抜かれた。ゲッツェ流出については「第一線の先発選手を失った」と、同紙は痛手になったと分析。そしてレバンドフスキ移籍に際しては、イタリア代表FWチーロ・インモービレ(ラツィオ)獲得で補おうとしたが、機能しなかったと紹介している。
3
ドルトムント時代から主力流出という運命と戦い続けてきたクロップ監督。今回も香川やシャヒン放出時のように代役を発掘できるのか、それともレバンドフスキ移籍時のように穴を埋められないのか。“コウチーニョ・ロス”をどのように乗り切るのか、その手腕に大きな注目が集まっている。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 16:36
    • ID:wtNRngwo0
    • レヴァ、フンメルス、ギュンドアン、ペリシッチ、クバがいたらなぁ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 16:46
    • ID:mBUKy6WF0
    • クロップももう少し前にプレミアにまた違った気がするんだけどな
      ここ1,2年のプレミアの、特に両マンチェスター、チェルシーのお金の掛け方は常軌を逸してる
      言っても詮無い事だがファギー引退の時にマンU行ってればな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 17:31
    • ID:xSsjPdKs0
    • シティより金使ってるチームは確かにないが、毎年の移籍収支なり見てるとユナイテッドやチェルシー以上に金使ってるチームはいくらでもあるよ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 17:43
    • ID:3to8Dz1W0
    • 香川のためにもクロップにはドルトムントに帰ってきてほしい
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 17:52
    • ID:mBUKy6WF0
    • ※3
      ユナイテッドやチェルシー以上に金使ってくるクラブがいくらでもある?
      じゃあとりあえず適当に5つ6つ挙げてくれよ
      移籍収支だけじゃなくサラリーもちゃんと考慮しろよ
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 17:58
    • ID:0Iqa0OKH0
    • 陰毛は残念な結果だったけど
      でも今の陰毛を見ると大活躍してるしやっぱスカウトは優秀だったよなぁ
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 18:09
    • ID:facXJjce0
    • インテル時代唯一輝いてたコウチを手放すのが不思議でならんかった
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 18:28
    • ID:xSsjPdKs0
    • >>5
      sportingintelligenceとかで毎年の収支やらいくらでもあるから自分の目で見てくればいいのに
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 18:28
    • ID:ZEpgNbRy0
    • インテル時代にコウチーニョが輝いてたとかなにを言ってるんだこいつは
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 18:33
    • ID:mBUKy6WF0
    • ※8
      いいから挙げてみろって、いくらでもあるんだろ?
      適当にあげてそれがガチだったらもう黙るからさ
      PSGとかバルサみたいな分かり切ってるチーム以外で頼むよ
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 19:11
    • ID:wtNRngwo0
    • ※6
      スカウトもなにもインモービレはもともとセリエで爆発してたろ
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 20:15
    • ID:s76N5SVf0
    • ドルのスカウトは今はどうかわからんけど、とりあえずリーグレベルに関係なく爆発してるやつ連れてくる感じだからね
      インモービレはメンタル面で適応できなくてざんねんだった
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 20:40
    • ID:Mwx9dV5Q0
    • マンUで香川が活躍してなかったけど、実は岡崎がリーグ優勝した時より少ない出場時間で得点も上回ってる
      1年で岡崎は36試合で5得点 香川は20試合6得点 MFとしてはいい数字、香川の出場機会は少なすぎた
      まぁ香川はその次のシーズンもまったく点も入れられなかったけどね
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 20:50
    • ID:.7eVv4G00
    • ※13
      その時期ってGKのデ・ヘア以外はマンUの選手は誰も活躍していないよ
    • 15
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 21:51
    • ID:NURtL4qM0
    • しいて挙げるなら、あとペルシー
    • 16
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月09日 22:23
    • ID:1qG1OYV90
    • インモーをオチに使うんでないw
    • 17
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月10日 03:06
    • ID:3iAfzV1b0
    • インテル時代は輝いてないわw
      めちゃくちゃ伸び悩んでいただろ
      特にネイマールと比較される立場だったし、対照的だったわ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ