Sponsored Link

「京都を何とかJ1に導きたい」…元日本代表DF闘莉王の残留決定、プロ17年目の戦いへ

1
J2の京都サンガF.C.は10日、元日本代表DF田中マルクス闘莉王との契約を更新したことを発表した。経験豊富な36歳のDFは、古都でJ1を目指す2シーズン目の戦いに挑むことになった。

闘莉王は昨季京都に加入。2003年の水戸ホーリーホック所属時以来、14年ぶりとなったJ2の舞台で本職の守備はもちろん、攻撃面の才能も存分に発揮して、布部陽功監督のFW起用の期待にも応えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180110-00010003-soccermzw-socc

京都が36歳“闘将”との契約更新を発表 昨季はチーム最多15得点をマーク


2
第8節愛媛FC戦でJ2最年長記録となるハットトリックを達成するなど、31試合に出場しチーム最多15得点をマーク。10月の第37節ロアッソ熊本戦ではDF史上初となる、Jリーグ通算100ゴールの快挙も達成している。

今回の契約更新により、闘莉王は2001年にサンフレッチェ広島でJデビューを果たしてから、通算17シーズン目のピッチに立つことになった。水戸への期限付き移籍を経て2004年から6シーズンを過ごした浦和レッズと、2010年から7シーズンを戦った名古屋グランパスではいずれもJ1リーグ制覇など数々のタイトル獲得に貢献してきた。

「京都を何とかJ1に導きたいんだ」と取材で話していた熱い思いを胸に、勝利の味を知り尽くした闘将が、2011年から7シーズンをJ2で過ごし、昨季も12位に沈んだ京都に勝者のメンタリティーを植えつけ、J1昇格へ導けるか注目が集まる。

京都は14勝15分け13敗の12位で2017シーズンのJ2を終えている。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月10日 11:20
    • ID:cY2S9iCn0
    • 田中とマルクスと闘莉王が同時に残留決定
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月10日 12:18
    • ID:zdY0.HyD0
    • FWみたいな成績で草
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月10日 13:01
    • ID:BiTaOzxB0
    • 長崎のエース、ファンマが11得点だっけ
      そりゃサンガは全力でトゥーさん慰留するだろうな
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月10日 14:20
    • ID:rUxuSzmc0
    • 気持ちはとても有り難いんやけど結婚生活嫁はん大丈夫なんやろかw
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月10日 14:46
    • ID:7kFUp1Lg0
    • ハンデ背負った京都は良くて残留だな

      コンディション悪くてもベンチ入りさせないといけない契約もそのままだろうしなぁ
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月10日 19:11
    • ID:vqxdvoKd0
    • 釣夫は何気にめっちゃ義理堅いからな
      名古屋時代も2億でボタフォゴに行ったオリベが引き抜きに来たけど名古屋には拾ってもらった恩があるから残るって宣言したりもあった
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月10日 21:21
    • ID:lrtMYQNm0
    • 嫁ブチ切れ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ