Sponsored Link

主力温存のレアル、国王杯ベスト8進出も…2度リード追いつかれ2部相手にドロー

1
コパ・デル・レイ(国王杯)5回戦セカンドレグが10日に行われ、レアル・マドリードとヌマンシア(2部)が対戦した。

【スコア】
レアル・マドリード 2-2(2試合合計:5-2) ヌマンシア
【得点者】
1-0 10分 ルーカス・バスケス(レアル)
1-1 45分 ギジェルモ・フェルナンデス(ヌマンシア)
2-1 59分 ルーカス・バスケス(レアル)
2-2 82分 ギジェルモ・フェルナンデス(ヌマンシア)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00699932-soccerk-socc

レアルは2部相手に2度のリードを追い付かれドローで終了


2
ファーストレグは主力を温存しながら、3-0で快勝したレアル。ホームでのセカンドレグもクリスティアーノ・ロナウドやセルヒオ・ラモスらが招集外となったが、開始10分に幸先よく先制する。右サイドのダニエル・カルバハルからのクロスを、ゴール前左でフリーのルーカス・バスケスが頭で叩き込み、先制点を決めた。

レアルはその後も主導権を握ったが、追加点が遠いと、逆に前半終了間際の45分にカウンターから失点。ヌマンシアは左サイドを抜け出したマルク・マテウの折り返しを、ファーのギジェルモ・フェルナンデスが合わせて、試合を振り出しに戻した。

それでも後半に入って59分、レアルは左サイドを抜け出したマルコ・アセンシオのクロスをファーのボルハ・マジョラルが頭で落とすと、ゴール前に走り込んだL・バスケスが右足で押し込み、勝ち越しに成功した。

しかし82分、左サイドでこぼれ球を拾ったサウールがダイレクトでクロスを送ると、中央のG・フェルナンデスがヘディングシュートをゴール右隅に流し込み、ヌマンシアが土壇場で再び同点に追いついた。

後半アディショナルタイム2分には、ヌマンシアDFダニ・カルボが2枚目のイエローカードを受けて退場となるが、試合はそのまま2-2で終了。レアルはホームで格下相手に引き分けたが、2試合合計5-2で準々決勝に駒を進めた。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月11日 11:44
    • ID:iReZZfDc0
    • 結果は引き分けとはいえ、普通にチャンス多く作られてるやん。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月11日 13:44
    • ID:TNm36ZhZ0
    • いくら控えでも二部相手にこれはちょっとないな
      レアル一体どうしたのかね…
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月11日 15:04
    • ID:0MX19a3I0
    • 順調にサイクルが終了しとるな~
      BBC一掃して新たなサイクルを始めるしかないな・・・
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月11日 19:21
    • ID:60iQaV6W0
    • ハメスとモラタ残してクリロナベンゼマ放出が最善策だった
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年01月11日 19:32
    • ID:rxxp8qTd0
    • ヌマンシアなっつw
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ