Sponsored Link

メッシのユニフォームを脱がせて止めるも“ノーファウル” フランス人MFの珍守備が波紋

1
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、異次元のテクニックと加速で圧倒的な突破力を誇る。

マーカーは世界屈指の名手を食い止めるために、反則を含めてありとあらゆる手段を講じるが、8日に行われたスペイン国王杯準決勝第2戦のバレンシア戦(2-0)で、衝撃の光景が広がった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00010017-soccermzw-socc

国王杯バレンシア戦でメッシの突破をコクランが食い止め、ユニフォームが脱げる珍事



前半37分だった。ペナルティーエリア手前でボールを受けたメッシはドリブルを開始しようとしたが、そこにフランスの“闘犬”が立ちはだかる。1月にアーセナルから加入したMFフランシス・コクランが背後から襲いかかると、世界最高の名手のユニフォームを引っ張りながら必死に食い止める。その動きはエスカレートし、たくし上げたユニフォームが脱げかかると、身動きが取れなくなったメッシは前が見えず、両手を上げるしかなかった。

アイスホッケーの世界では、乱闘時に相手のユニフォームをたくし上げるのはよく見る光景だが、サッカーでは珍しいシーンに。だが不思議にも、コクランはお咎めなしだった。スペイン紙「マルカ」も、「コクランはメッシのユニフォームを脱がせたが、主審はファウルすら与えず」と蛮行を紹介。ピッチ上の反則行為にもかかわらず、コクランには警告はもちろん、ファウルすら与えられなかったことを紹介している。

その直前にはバレンシアGKハウメ・ドメネクが、ロングボールの競り合いでメッシの後頭部に飛び膝蹴りを食らわせながら、パンチングでセーブするシーンもあったが、これもファウルにならず。記事では「おかしなことに、審判のウンディアノ・マレンコはファウルすら与えなかった」と、メッシに対するファウルを見逃した主審のジャッジを厳しく批判していた。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 03:44
    • ID:OaIsvayQ0
    • コクランって書けばいいのに
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 03:52
    • ID:scrCR7fJ0
    • 確かに
      フランス人DFとかいかにも海外かぶれで痛いよなw
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 04:06
    • ID:4uzP6V0I0
    • なんでメッシキーパーにやられた時痛い痛いしなかったんだろう
      メッシってほとんどダイブしないよな
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 04:08
    • ID:5w3zODQE0
    • ハンド2回見逃しもあったし審判ひどすぎたな
      今季のバルサは辛い判定されすぎてるわ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 04:09
    • ID:mDnezJL.0
    • ええええ

      お前ら普段ニュースみなさすぎやろ笑

      記事だと
      年齢+出身地+ポジション表記を一度してから別で名前を出すもんだぞ笑

    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 04:11
    • ID:Xe3LKIm70
    • ※3
      他にもペナルティーエリア手前で脚かけられたけど、そのままドリブルしてたよな。ネイマールとかクリロナだったら絶対そのままコケてたよ
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 04:41
    • ID:W2jk1bEE0
    • いつぞやのバレンシア戦思い出してバランス取ったんじゃないのマジェンコだし
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 05:10
    • ID:.EomK7kK0
    • GKのやつまじであぶねーな
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 05:33
    • ID:H.x3ruVv0
    • 出来るだけプレー続けようとする姿勢はホントに模範的

      蹴られてもパスし終えてから痛がる光景も見るし尊敬する
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 07:33
    • ID:TrVnlOGU0
    • GKのやつはまっすぐボールにチャレンジしてるのはGKなんだから正当なプレーでしょ
      膝から跳んでるけど避けようとして腰を当ててるから危険回避の意志が見えるし
      これを膝蹴りだのファウルだのって書くのは元記事のライターも引用したライターもおかしいでしょ
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 07:38
    • ID:0FXYOV8J0
    • ディフェンダー……?

      知らずに批判するのはただの馬鹿だろ
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 09:39
    • ID:OkX8Y4md0
    • バルセロナは不利な笛よく吹かれてるわな
      それでも殆ど勝ち点落とさないけど
      よく有利な判定貰ってるみたいな意見があるが、見ているとそうでもない
      負けなければ不利なジャッジが問題にならない風潮がおかしい
      審判が敵に回っていてもコイツ等は勝ってやがるってだけだった
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 09:46
    • ID:MZVmzR2d0
    • キーパーのほうはどっちかって言ったらメッシのファウル
      キーパーのほうが先にボールの地点に入ってる所を下から入り込んで足もと掬ってるし危険
      片足を上げてジャンプするのはGKの基本動作、自分をケガから守らないといけないからな
      何も知らずに動画まとめてるやつ海外の輩も何も知らないんだな
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 10:18
    • ID:QFzjtydT0
    • 13
      キーパーのファールでもないけど、メッシのファールもないわ。
    • 15
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 11:05
    • ID:nLcHs2wY0
    • バルサの歴史上、審判は大体敵だったからな。
      ダースベイダーと呼ばれていたこともあるくらいだし。
    • 16
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 11:11
    • ID:cYlxIBFz0
    • そらメッシぐらいになるとダイブでファウルもらうより前に進んだ方が得点の可能性が高いし
    • 17
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月10日 14:17
    • ID:AhDJExi40
    • 怒涛の2連続ハンドからメッシが呆れて笑いながら2本指立ててたの面白かった

      バルサってよくコロコロとか言われるけど、対バルサだと相手が常にファール上等でタックルしてくるんだから当たり前なんだよなぁ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ