Sponsored Link

元インテル監督が古巣を批判「あそこはカオス」「アヤックス・ユースの子たちですらもっとうまくできた」

1
フランク・デブール監督とインテルの間には、埋めることのない溝ができているようだ。

2016-17シーズンの開幕前、ロベルト・マンチーニ元監督が退任したインテルは、新指揮官にF・デブール監督を招聘した。現役時代にはアヤックスやバルセロナで活躍するなど、セリエAとは縁遠かった人物だが、インテルは、若手中心のアヤックスを国内リーグ4連覇に導いたこのオランダ人監督に指揮を託した。

しかし、F・デブール体制は3か月と持たなかった。セリエAだけでなく、ヨーロッパリーグでも格下に金星を許すなど、たちまち成績不振に陥ったインテルは、すぐさまF・デブールに見切りをつける。当然だが、インテル・サポーターの同監督への評価も、地の底に落ちていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00035866-sdigestw-socc

インテル監督時代の不満をぶちまけたF・デブールだが、その後率いたクリスタル・パレスでも結果を残せなかっただけに説得力に乏しい


2
ただ、F・デブールにも言い分はあったようだ。イタリア紙『La Gazzetta dello Sport』によると、オランダのTV局『Ziggo Sport』の取材にF・デブールは、「7、8人の選手がほかの選手たちを追い出そうとしていた」と、チームが一枚岩でなかったことを明かしたというのだ。

「インテルには7人か8人の選手によるグループができていて、ほかの選手たちを切ってしまうんだ。あんなのは想定外だった。イタリアで私は苦しんだが、それは言葉の問題だけでなく、メッセージやアイデアの伝え方にも難しさはあった。私の考え方はカルチョよりイングランドのそれに近いようだ」

さらにF・デブールは、「カオスだったよ。選手たちは好き勝手にやっていた」と、インテルのメンバーが自身の指示に従わなかったと訴えている。

「私はインテルに攻撃的なサッカーを植え付けようとしたが、選手たちは私と同じ画を描こうとさえせず、私の練習をまったく意味がないものと捉えていた。アヤックスのユースの選手たちですら、もっとうまくやっていたというのにね。私は、われわれが望むプレーをするための大事なコンセプトだと説明したが、彼らは理解する前に投げ出してしまった」

これでは、結果が出ないのも当然だ。セリエAの11試合で勝点14しか挙げられず、F・デブールは失意のうちにイタリアを去ることになった。
3
ただF・デブールは、昨年7月に就任したイングランドのクリスタル・パレスでも、解任の憂き目に遭っている。それも、プレミアリーグ史上最短となるリーグ戦4試合を終えた時点で、だ。「私の考え方はイングランドに近い」と話したF・デブールだが、インテルのサポーターがその言い分を信じることはないだろう。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月20日 19:09
    • ID:gQ.ieFCz0
    • インテル史上最低の監督じゃん
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月20日 19:45
    • ID:5mvaQYkZ0
    • 俺はパレスの方を結構応援させてもらってるんだがひどかったぞ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月20日 20:11
    • ID:S3eGLsfR0
    • インテルに問題があるのは、間違いない。
      でもデブールに問題があるのも間違いない。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月20日 21:21
    • ID:lRP.w0nW0
    • こいつもスパレッティ並に無能
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年02月20日 21:43
    • ID:Qw5.XriO0
    • タイミングが悪かったとはいえチームを掌握出来なかったんだな。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ