Sponsored Link

長友佑都、ガラタサライ完全移籍に向けた交渉は4月に本格化か 伊メディアが報道

1
インテルからガラタサライへ期限付き移籍している日本代表DF長友佑都について、両クラブが完全移籍への話し合いを進める可能性が高まっているという。イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、交渉が本格化する適切な時期について特集している。

長友は1月の移籍市場でトルコの名門に渡り、すでにチームの中心的な選手としての地位を確立している。ガラタサライのファティフ・テリム監督は長友の残留を望んでいるが、出場試合数などで自動的に買い取りが義務化されるオプションなどは付帯されておらず、完全移籍にはガラタサライとインテルの間での合意が必要になる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180309-00010015-soccermzw-socc

1月に移籍しテリム監督の信頼獲得、完全移籍にはインテルとの間で合意が必要


2
記事では「交渉するのに適切な時期は、4月だ」として、来月にも両クラブの交渉が本格化するとされている。その理由が、ガラタサライの成績によってインテルに支払われるボーナスが設定されているからだとした。

長友のレンタル契約では、ガラタサライがリーグ優勝すれば20万ユーロ(約2600万円)、UEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得で10万ユーロ(約1300万円)のボーナスがインテルに支払われるという。その動向が見えてから、両クラブはその金額を含めた完全移籍への交渉を行うとの見通しを報じた。

それに加えて、インテルの来季日程が欧州カップ戦を含むものになるのかどうかも、長友の去就と補強戦略に影響を与えるという。そのため、現時点で交渉を本格化させるのは時期尚早であるとした。
3
現状、インテルとの契約が2019年6月までで、今季終了時点で残り1年となる長友の移籍金は400万ユーロ(約5億2000万円)から500万ユーロ(約6億5000万円)の間になるだろうとしている。来月にも本格化するとされる交渉の行方に、注目が集まることになりそうだ。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年03月10日 01:46
    • ID:85ZBGkRE0
    • 年齢考えたら移籍金普通に高いな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年03月10日 01:52
    • ID:Ca91V3zF0
    • 残り1年のおっさんSBに500万は高いよね
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年03月10日 07:46
    • ID:MZ6eeDlh0
    • こんなに高いのか、残り1年だし年齢的にも2億かそれを切るくらいかと思ってた。
      評価されるのは嬉しいけど、移籍の障壁になってほしくないな。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年03月10日 16:14
    • ID:Kx.mpljK0
    • 今のインテルから、リーグチャンピオンになれてCL出られるクラブに行けたらステップアップした事になる。
      なにより監督の希望というのが大きい。
      現役選手はプレーしてなんぼだからな。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ