Sponsored Link

エイバル、レアル相手に奮闘もC・ロナウド2発に沈む…先発の乾は攻守に存在感

1
リーガ・エスパニョーラ第28節が10日に行われ、MF乾貴士所属のエイバルとレアル・マドリードが対戦した。乾は2試合連続でスタメンに名を連ねた。

【スコア】
エイバル 1-2 レアル・マドリード
【得点者】
0-1 33分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
1-1 50分 イバン・ラミス(エイバル)
1-2 84分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00726464-soccerk-socc

先発した乾は後半終了間際までプレーした


1
積極的に試合に入ったエイバルは19分、左サイド高い位置でボールを持った乾が中央へ運び、ヒールで落とす。これを受けたキケ・ガルシアが右足でミドルシュートを放ったが、ここはGKに阻まれた。

やや押され気味の時間が続いていたレアル・マドリードだが、ワンチャンスをモノにする。33分、敵陣でボールを奪ったルカ・モドリッチがディフェンスラインの裏に浮き球のスルーパスを通す。抜け出したクリスティアーノ・ロナウドがGKとの一対一を制して先制ゴールを決めた。

1点ビハインドで後半を迎えたエイバルだが、早い時間に追い付く。50分に左CKを得ると、ゴール前のイバン・ラミスがヘディングシュートをゴール右に叩き込んだ。

追い付かれたレアル・マドリードは62分、マルセロからのロングボールで左サイドの裏に抜け出したギャレス・ベイルがダイレクトで折り返すと、ゴール前に走り込んだC・ロナウドが右足で合わせる。だが、枠の左を捉えたシュートはGKマルコ・ドミトロヴィッチのスーパーセーブに阻まれた。

76分にはエイバルが決定機を迎える。左サイドからのクロスをファーサイドから折り返すと、フリーでエリア内左に走り込んだ乾がヘディングで合わせる。しかし、シュートは大きく枠の上に外れてしまった。

すると84分にレアル・マドリードが勝ち越す。右サイドからダニエル・カルバハルが上げたクロスを、C・ロナウドが頭でゴールネットに突き刺した。

エイバルは直後の87分に乾を下げてシャルレスを投入。だが同点に追いつくことはできずにタイムアップを迎え、レアル・マドリードが2-0で勝利を収めた。

次節、エイバルは16日にアウェイでレバンテと、レアル・マドリードは18日にホームでジローナと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年03月11日 00:20
    • ID:dHxJxy0s0
    • 前節も今節も決定機外しすぎ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ