Sponsored Link

酒井宏樹、決勝点の起点となる縦パスで勝利に貢献! 失点の際のミスを挽回する

1
3月11日(現地時間)、リーグ・アン第29節が行なわれ、マルセイユが2-1でトゥールーズに勝利。左SBとして先発出場した酒井宏樹は、78分のミトログルの決勝ゴールで、起点となる縦パスを送るなど、勝利に貢献した。

右のサイドアタッカー、トバンがヨーロッパリーグ(EL)のアスレティック・ビルバオで負傷したことで、攻撃力の低下が懸念されたマルセイユは、このアウェーマッチで酒井を本来の右SBから左に移し、攻撃的プレーが得意なB・サールを右で起用した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180312-00036882-sdigestw-socc

酒井宏樹は左サイドバックで先発


2
試合は10分、セットプレーからゴール前に入ったボールをグスタボが頭で落とし、オカンポスが詰めてアウェーチームが先制。序盤から攻勢のチームが幸先良くリードを奪ったことで、現在リーグ3位のマルセイユが、より楽に試合を進められると思われた。

しかし、17位のトゥールーズは底力を見せ、失点から9分後、SBのシラが右サイドをドリブルで突破してグラウンダーのクロスを入れると、ファーサイドから走り込んだムベレが合わせて同点とする。酒井はムベレへの対応が遅れて前に入られ、シュートを許してしまった。

徐々にポゼッションを高めるホームチームのペースで試合は進みながらも、両チームともに決定機を迎えたが、ここでマルセイユはマンダンダ、トゥールーズはラフォントの両GKが好守を披露して、互いに次の1点を与えない。

マルセイユは後半、攻撃力を活性化させるために、アマビ、パイエ、そしてミトログルを次々に投入していく。

そして78分、酒井が縦パスを前線へ入れ、パイエがこれをスルーして右に流れ、前方でボールを受けたミトログルからダイレクトでパスを受ける。ペナルティーエリアの右深くに侵入したパイエが速いライナー性のクロスを入れると、ファーサイドでミトログルがぴったりダイレクトで合わせ、ボールはクロスバーを叩きながらゴールラインを越えた。

酒井を起点に、交代選手2人の好連係で勝ち越しゴールを奪ったマルセイユは、残り時間でトゥールーズの反撃をかわしながら、逆にカウンターでチャンスを作るなど主導権を握り続け、リーグ戦では3試合ぶりとなる勝利を敵地で飾った。

マルセイユは15日にELでビルバオとの第2レグを敵地で戦い、その3日後、勝点5差で4位につけるリヨンとリーグ30節で対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年03月12日 12:20
    • ID:.qfd7tqn0
    • 2点目うっまなんなよこれ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年03月12日 13:24
    • ID:f07nxoZZ0
    • トヴァンの怪我って酷いの?
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年03月12日 13:54
    • ID:Ow3PUtoC0
    • 二点目いいねー。こういう風に手数もリスクもかけすぎずにゴールに迫っていくのが理想
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年03月12日 14:14
    • ID:ShqAIF5w0
    • 回しながら崩していくゴールより2点目みたいに必要最低限のパスで素早く効率的に仕留めるゴール大好き
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年03月12日 15:19
    • ID:cMJtF.ae0
    • ※2
      酷くないからELまでには間に合うよ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ