Sponsored Link

ガットゥーゾ、勝敗分けた? VARの判定に感謝「ミランは勝てなかったかもしれない」

1
ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾは18日、イタリアメディア『メディアセット・プレミアム』のインタビューに応じ、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー制度)に感謝した。

ガットゥーゾ率いるミランは18日、セリエA第29節でキエーヴォと対戦。残留争いを演じる相手に対し、一時はリードを許したものの逆転に成功し、ホームで3-2の勝利を収めた。同点弾となった52分のFWパトリック・クトローネのゴールシーンではオフサイドが疑われたが、VARにより得点が認められた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000020-goal-socc

オフサイドが疑われたが、VARにより得点が認められたミラン


2
「今日はVARがなければ、勝てなかったかもしれない。苦しめられる試合になるだろうことは分かっていた。だが苦しい試合も必要だったと思う。ミスが非常に多く、リズムもかなり遅かった。上手いこと行ってくれたので満足しよう。これからエネルギーを回復しないといけないね」

ミランはこれでリーグ戦5連勝、10試合連続で無敗を続けている。順位表では50ポイントで6位。チャンピオンズリーグ(CL)も射程圏にとらえ、出場圏内の4位インテルとは5ポイント差、5位のラツィオとは4ポイント差に迫る。

「チームにとって、すべての試合が重要だ。全員の力が必要になる。この調子で前に進んでいきたい。CLを目指すのであれば、これから失敗は許されない。ドローではたどり着けないだろう。チームは最高とは言えないが、選手たちは常に高い意欲を見せてくれた。目の前の1試合に集中し、どんな結果が待っているか見守ってみよう」

続いてミランの闘将は、決勝点を記録したポルトガル代表FWアンドレ・シウバを称賛した。

「多くの選手と同じく、彼も代表へ行く。ポルトガル代表でも得点できるよう願っている。トレーニングに打ち込み、成長を続けなければならない。彼は偉大なプロ選手だが、ストイックすぎるところがあるかもしれない。彼は素晴らしい才能を持っているし、成長の伸びしろも大きいだろう」

一方、ベンチ外となったクロアチア代表FWニコラ・カリニッチには、苦言を呈した。

「練習中、もっと熱意を持って取り組んでほしい。それができなければ、私とは上手く行かないだろう。プロ意識を見せて欲しい。練習をしっかりやらない選手は家で留守番しないとね」

代表ウィーク明けの次節、ミランはユヴェントスと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年03月20日 03:56
    • ID:tyohFwls0
    • 足に当たって手に当たったのってどうなんだろうなぁっていつも思う
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年03月20日 08:07
    • ID:NEOCeF.B0
    • この人にストイック過ぎると言わせるってどんだけ頑張ってるだろうな
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年03月20日 08:12
    • ID:7XAGt.GS0
    • 本田がミランにいる時に見たかった
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ