Sponsored Link

C大阪 新助っ人オスマルが語る…日本サッカーの印象と適応への課題は?

1
[J1リーグ4節]神戸 2-0 C大阪/3月18日/ノエスタ

「時間が経つにつれて慣れていった部分はありますけど、今日の試合は90分を通して厳しかった。今季初勝利を目指したけど、それができなかった。ここからオフに入って休んでから、次に勝てるように準備をしていきたい」

そう語るのは、セレッソ大阪の新助っ人オスマルだ。4節の神戸戦でJ1デビューを果たしたこのスペイン人MFは、0-2の敗戦を悔やんだ。

また日本サッカーへの印象も語った。「日本の選手はテクニックがあるし、パスの質が高い。守備でも、一発で強く行くと外される可能性もあるので、そこはもうちょっと考えていかないといけない」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00037357-sdigestw-socc

神戸戦でJ1デビューを果たしたオスマル。随所でパスセンスの高さを垣間見せた


3
とはいえ、スペインのラシン・サンタンデールでプレーした後、タイのブリーラム・ユナイテッドで3冠とともに最優秀DFに輝き、韓国のFCソウルではベストイレブンに選出されている。ここまで異国の地で実績を残してきたオスマルにとって、日本サッカーへの適応は大きな問題ではないだろう。

実際、神戸戦では立ち上がりこそ存在感が薄かったものの、徐々に持ち味を発揮。秀逸な左足のキックでビルドアップに貢献し、守備では192センチの大柄な身体で激しくタックルにいくシーンも見られた。十分に計算できる戦力であることを証明したと言える。

素早いパスワークが特徴のJリーグにフィットするための解決策も明確だ。

「良いポジションを取らないといけないし、早く考えなきゃいけない。パスをするのは好きなので、もっと味方の近くにいたい。でなければ、単に大きく蹴らなければいけなくなってしまう。そういうところは自分から顔を出していきたい」

C大阪は、川崎とのゼロックス・スーパーカップ(2月10日)を制した後は、2月14日のACL1節の済州戦以来、勝利から遠ざかっており、公式戦は7試合白星なし。リーグ戦は3分1敗で15位に沈んでいる。
2
苦しむチームを浮上させる起爆剤となれるか。新助っ人の活躍に期待が懸かる。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ