Sponsored Link

シティが14戦無敗のトッテナムを撃破…マンU敗戦で今節プレミア優勝決定へ

1
[4.14 プレミアリーグ第34節 トッテナム1-3マンチェスター・C]

マンチェスター・シティが再び優勝に王手をかけた。プレミアリーグは14日、第34節が行われ、シティは敵地でトッテナムに3-1で勝利。15日に2位マンチェスター・ユナイテッドがWBAに負ければ、今節で優勝が決まる。

昨年12月16日の第18節シティ戦から14試合無敗(11勝3敗)のトッテナム。前節ストーク・シティ戦から4人を変更し、DFキーラン・トリッピアー、DFベン・デイビス、MFエリック・ダイアー、MFエリク・ラメラ}を起用した。対するシティは、前節ユナイテッドに史上最速Vを阻まれ、UEFAチャンピオンズリーグではリバプールに連敗を喫し、公式戦3連敗中。CLリバプール戦から3人を入れ替え、MFイルカイ・ギュンドガン、DFビンセント・コンパニ、DFファビアン・デルフを起用した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-01652695-gekisaka-socc

シティ、トッテナムを下しリーグ優勝に王手


2
シティは前半3分、PA右からMFラヒーム・スターリングが上げたクロスをフリーで待っていたMFリロイ・サネが左足ボレー。GKウーゴ・ロリスも動けなかったが、惜しくも左ポストを叩いた。その後も攻撃の手を緩めず、トッテナムゴールに迫ると、22分に自陣からコンパニが相手の背後へロングパス。これに反応したFWガブリエル・ジェズスがGKとの1対1を制し、先制に成功した。

さらにシティは前半24分、華麗なパスワークからギュンドガンがスルーパスを送り、スターリングが飛び出したGKロリスにPA内で倒され、PKを獲得。キッカーを務めたギュンドガンが冷静にゴール右隅に流し込み、2-0とリードを広げた。

トッテナムは前半42分、FKの二次攻撃からFWハリー・ケインの縦パスに反応したMFクリスティアン・エリクセンが右足シュート。これがDFアイメリック・ラポルトのスライディングに阻まれるも、跳ね返りがエリクセンに当たってゴールへ吸い込まれ、1-2と前半のうちに1点を返した。

嫌な形で前半を終えたシティだったが、後半27分に再びリードを2点差に広げる。MFケビン・デ・ブルイネの右CKからニアのMFダビド・シルバがフリック。PA左からジェズスが放った右足シュートはGKロリスに止められたが、こぼれ球をスターリングが左足で押し込み、勝負あり。シティが3-1で公式戦の連敗を止め、2013-14シーズン以来、4年ぶりの優勝に再び王手をかけた。

2位ユナイテッド対WBAは今夜0:00開始予定。シティは次節、スウォンジーと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年04月15日 14:28
    • ID:w.byBZ8f0
    • いやー強いわ。
      CLが本当に悔やまれるがクロップに負けた訳だから妥当か。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年04月15日 20:22
    • ID:DlXNzJNL0
    • 個人的にイニエスタとメッシはここ来てほしいなー
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ