Sponsored Link

レアル、C・ロナウドの土壇場弾で敗戦免れる…ビルバオとドローでホーム3戦未勝利

1
リーガ・エスパニョーラ第33節が18日に行われ、レアル・マドリードはホームでアスレティック・ビルバオと対戦した。

【スコア】
レアル・マドリード 1-1 アスレティック・ビルバオ
【得点者】
0-1 14分 イニャキ・ウィリアムス(ビルバオ)
1-1 87分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00744858-soccerk-socc

C・ロナウドの土壇場弾でレアルがドローに持ち込む


2
ビルバオは8分、エリア内右に抜けたミケル・サン・ホセが角度のないところから右足シュートを打つが、GKケイラー・ナバスのブロックに遭う。一方のレアルは直後の9分、右サイドのダニエル・カルバハルがクロスを送ると、エリア内左に走り込んだクリスティアーノ・ロナウドが強烈なヘディングシュートを放つが、これはクロスバーに弾き返された。

両チームがチャンスを作る中、先制したのはビルバオだった。14分、エリア手前中央でパスを受けたイニゴ・コルドバが反転してエリア内へラストパス。これに反応したイニャキ・ウィリアムスが冷静に右足ループシュートを沈め、先制点を奪った。

1点を追うレアルは37分、エリア内右に侵入したルーカス・バスケスがキックフェイントで2人をかわして折り返したが、ニアに飛び込んだC・ロナウドには合わず。43分には右サイドからドリブルで切り込んだマルコ・アセンシオが左足シュートを放ったが、GKケパ・アリサバラガの好セーブに阻まれた。

後半に入って64分、ビルバオは右サイドからクロスが入ると、エリア内のコルドバとラウール・ガルシアが立て続けにシュートを打って相手ゴールを脅かすが、カルバハルの体を張ったブロックやクロスバーに阻まれ、追加点にはつながらなかった。

レアルの反撃が実ったのは87分。エリア手前右でパスを受けたルカ・モドリッチがワントラップから右足を振り抜くと、シュートはゴール前のC・ロナウドが右足ヒールでわずかにコースを変えて同点のゴールネットを揺らした。レアルはエースの土壇場弾で1-1のドローに持ち込み、敗戦は免れたものの、ホームでは公式戦3試合未勝利となった。

レアルは25日に敵地で行われるチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグでバイエルンと対戦し、28日にリーガ第35節でレガネスをホームに迎える。ビルバオは次節、23日にホームでレバンテと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年04月19日 20:08
    • ID:wx7c3a0s0
    • イニャキがゴールとか明日台風かよ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ