Sponsored Link

酒井高徳「自分がHSVにいるのはラッバディアのおかげ」明かした恩師との逸話とは…

1
ハンブルガーSVの日本代表DF酒井高徳が、地元メディア『ハンブルガー・モルゲンポスト』でインタビューに応じている。現在、ブンデスリーガで降格圏に沈んでいるハンブルガーSVは28日、ヴォルフスブルクとのアウェー戦に挑む。

この一戦は酒井にとってシュトゥットガルト、ハンブルガーSVの両チームで指導を受けたブルーノ・ラッバディア(現ヴォルフスブルク指揮官)と、対戦相手として対峙することになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000011-goal-socc

ラッバディアとHSV酒井高徳


2
酒井は同メディアのインタビューで次のように述べた。

「2015年にシュトゥットガルトからハンブルガーSVに移籍した理由として、ラッバディア監督から声をかけてもらったことが大きかった。彼から電話を受け『もう一度一緒ににやりたい』と言ってくれた。ラッバディア監督がいなかったら、自分が今HSVにいなかったことは間違いない」

かつてハンブルガーSVを率いたラッバディア監督は2016年、解任の憂き目に遭った。その後同氏は今年2月にヴォルフスブルクの指揮官に就任したものの、リーグ戦8試合を消化し、わずか1勝に留まっている。そのヴォルフスブルクに対して酒井は「ヴォルフスブルクは優れたプレーヤーが多いし、気は抜けない。僕らはチームとしてしっかりプレーすることが重要で、ヴォルフスブルクからなんとか勝ち点3をもぎ取りたい」と語った。

酒井は「(4月7日の)シャルケ戦で勝利してから、HSVの雰囲気は良くなったと思う。ファンは僕たちを信じて応援してくれているし、期待に応えるためにすべてを捧げる。降格圏から脱するために恐れることは何もない」と続け、逆転での1部残留へ意気込んでいる。
3
現在勝ち点25で17位のハンブルガーSVは、ヴォルフスブルク戦後にはフランクフルト、ボルシアMGとの対戦が控えている。リーグ戦残り3試合で1部残留を決めることができるのか。残り3試合はいずれも勝ち点の取りこぼしが許されない状況となるが、ハンブルガーSVはブンデスリーガの歴史において、2部降格経験がない唯一のチームだけに、その動向は注目の的となっている。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年04月26日 17:08
    • ID:JW9.54zk0
    • フライブルクがここから全敗なら
      HSVは2勝1分で得失点差に持ち込める
      3勝すればフライブルクが1勝1分1敗でも得失点差
      降格争い相手のマインツとHSVに負けてるフライブルクがケルン BMG アウクスブルクで勝ち点4も獲れるとは思わないけど
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ