Sponsored Link

武藤嘉紀にかかる、ブンデス残留にむけたマインツからの大きな期待

1
残留争いを繰り広げているどのクラブにとっても共通の悩みとして、決定力をもったFWの模索をあげることができるだろう。マインツもまたこれに漏れることはない。皮肉なことに後半戦でもっとも得点力をみせている選手は、今冬チューリヒにレンタルしたケナン・コドロという状況なのだ。

しかしマインツにも希望はある。武藤嘉紀である。週末に行われたアウグスブルク戦にて、途中出場から復帰を果たした同選手は、負傷から順調な回復をみせており、今週末のライプツィヒ戦からさっそく先発復帰も果たす可能性がある。

http://news.livedoor.com/article/detail/14635779/

負傷から順調な回復をみせている武藤


2
サンドロ・シュヴァルツ監督は「シュテファン・ベルと武藤嘉紀は、月曜日にいいトレーニングを行なっていたし、水曜日にはフルメニューをこなしていたよ」と期待感をにじませながらコメント。

特に武藤は後半戦では筋肉系の問題に悩まされ、先発出場した試合はわずか5試合にとどまっているものの、それでもマインツが後半戦にあげた全13得点のうち約3分の1に相当する4得点をマーク。チーム全体でみても4得点のデ・ブラシスやベルグレンらに3得点の差をつける7得点をマークしているところだ。

また大型FWエミル・ベルグレンについてもここまで4得点をマーク(後半戦では2得点)、スピードが武器のクアイソンについても同じく4得点となっているが、しかしながら後半戦ではいまだ無得点という状況が続いている。

また今冬に加入したアンソニー・ウジャーについても無得点となったままだが、マネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏は、ここのところの練習では状態が上向いてきているとの見方を示しており、「アンソニー・ウジャーは先週はこれまででベストのトレーニングウィークを過ごすことができていたと思う。あとはゴールさえ決めれば状況が打破される可能性はある」との考えを示した。
3
15位マインツは次節、29日に6位ライプツィヒをホームに迎える。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年04月27日 01:23
    • ID:ZY8j3z640
    • 化けてくれ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年04月27日 02:33
    • ID:UvlwYLNt0

    • 毛が(怪我)多すぎw

    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年04月27日 03:02
    • ID:BzZrV1cf0
    • 本田や浅野、久保なんかより全然上の選手だろ
      まあハリル解任されてるし呼ばれればいいんだけど
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年04月27日 05:57
    • ID:VuZoQJfW0
    • 怪我が少なけりゃなあ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年04月27日 13:46
    • ID:g8HVVB4W0
    • 左とトップが武藤のポジションやぞ
      何故右の選手と比べてんの?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ