Sponsored Link

札幌の稲本が痛恨ミスなど2失点に絡む…清水は3-0快勝もGL突破へ一歩及ばず

1
[5.16 ルヴァン杯グループリーグ第6節 札幌0-3清水 札幌厚別]

ルヴァン杯グループリーグ第6節が16日に行われ、B組3位の清水エスパルスは、すでに敗退が決まっている同4位の北海道コンサドーレ札幌と敵地で対戦し、3-0で勝利した。後半3分にFW鄭大世がPKで均衡を破ると、後半6分にFW長谷川悠が追加点を挙げ、同23分にはMFミッチェル・デュークがダメ押し点を奪取。他会場で敗れて2位に後退した甲府と勝ち点10で並んだが、直接対決の成績により、プレーオフステージ進出は叶わなかった。

グループリーグ突破のためには勝ち点3を獲得した上で、他会場の結果を待つしかない状況だった清水。トレーニング中に鼻骨を骨折した鄭大世がフェイスガードを着用して強行出場したが、開始からチームとして上手く攻撃の形を作れない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-01653881-gekisaka-socc

清水は3-0で快勝したが、GL突破ならず


2
ペースを握る札幌は前半21分に決定機を迎える。右サイド深くからMF白井康介が右足で折り返し、ファーでDF増田誓志に競り勝ったFWヘイスが打点の高いヘディングシュート。しかしゴール左に外れ、先制とはならず。清水も同45分に右クロスのこぼれ球がゴール前いたMF白崎凌兵に向かうが、左足のシュートは至近距離でGK菅野孝憲に阻まれた。

前半をスコアレスで折り返した一戦は、ハーフタイム明けに思わぬ形で動く。後半1分にDF稲本潤一が自陣でのキープ中にバランスを崩し、ボールを奪った鄭大世がPA内中央に進入。後ろから稲本に倒され、PKを獲得した。

後半3分、キッカーを務めた鄭大世が右足でゴール右を狙い、GK菅野に読まれながらもネットを揺らす。同6分には右クロスを稲本に跳ね返されるが、ミッチェル・デュークが頭でつなぐと、PA内中央の長谷川がダイビングヘッドでゴール左にねじ込み、リードを2点に広げた。

さらに後半23分、左サイドの鄭大世がクロスを送り、ファーのDF立田悠悟が頭で落とす。最後はミッチェル・デュークが右足で蹴り込み、ダメ押しの3点目。



グループ最下位の札幌は最後まで意地を見せられず、1勝5敗(4得点14失点)で今季ルヴァン杯を終えた。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ