Sponsored Link

「チームが輝いてこそ個人も輝く」…槙野智章が語る日本代表の強み

1
キリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けた日本代表メンバーに選ばれた槙野智章(浦和レッズ)が、代表チームの雰囲気や自身の立ち位置について語った。

まず、槙野は「僕にとってこのチームの盛り上げ役は本田選手」と明かした。「食事会場でも笑い声だったり話し声は彼が1番。間違いなく彼がチームの中心にいる」と槙野は続け「僕もそこにひっついてわちゃわちゃしています」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00763153-soccerk-socc

チームの雰囲気について語った槙野


2
槙野はガーナ代表戦に向けて「各ポジションでのサバイバルはあると思っている」と話しながらも「日本代表はチームが輝いてこそ個人も輝く。チームがうまくいくために自分が何をしないといけないのかをまず考えたい。年齢的にも上になってきたので、様々な世代の選手の間に入って良い空気感を作っていきたい」と自身の考えを語った。

槙野は日本代表として海外の選手と対峙する度、世界との差を感じてきたという。

「国内でプレーしているだけでは海外の選手には勝てない。与えられた環境の中で自分を追い込むことで、レベルアップしていく必要がある」
3
2010年の南アフリカ大会、2014年のブラジル大会ではメンバー入りを果たせなかった。「失敗したり、苦しい時間を経験した選手は強い」。初のW杯出場に向け、槙野の戦いは始まったばかりだ。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年05月24日 02:17
    • ID:NltW8NoL0
    • 遅咲きというかCBは育つのが時間かかるから槙野ですらやっと今になって代表の壁として機能出来るが
      少し前ならドイツで通用しないウェーイって印象しかない
      プレミアで下手したらジェズスアグエロルカクケインモラタラカゼットなどと対戦しなきゃならん吉田はそれだけで段違いだわ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年05月24日 02:48
    • ID:TBXOgfUt0
    • ※1
      ザックジャパンで絶賛批判されまくってた時も、プレミア一年目の時点でノリノリだった頃のエヴァートン時代のフェライニやウェストハム時代のベンテケ相手に空中戦で競り合って負けてなかったからね。間違いなく日本サッカー史上最高レベルのCBだよ。
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年05月24日 03:20
    • ID:xg68ZUPq0
    • 槙野もポテンシャルで考えると海外で粘り強くやっていたら……と思わないでもない
      まあ海外で続けること自体が一種の才能だと言えばそれまでなんだけど
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年05月24日 03:33
    • ID:IP439QbU0
    • ホン、シンここは怒激する所だろ~ 裏読みすれば本田はただのムードメーカーで主役は俺(槙野様)て読めるぞ
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年05月24日 05:40
    • ID:FdW8Yy.s0
    • 槙野への過剰な期待を煽ってるとアンチが増えるぞ
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年05月24日 10:53
    • ID:YAURj0vO0
    • 槙野はNHKの「グッと!スポーツ」でも本田本田言ってたな、なんなん?このふたり
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ