Sponsored Link

槙野智章「失点しないことが大事」。ロシアW杯では「どう我慢できるか試される」

1
ロシアワールドカップに臨む日本代表は7日、スイスのルガーノで練習を行った。本大会に挑む前に、スイス戦とパラグアイ戦の2試合を行う。日本代表に招集された槙野智章がインタビューに答えた。

スイスはFIFAランキング6位の強豪国。自分たちの思いどおりにいかない時間帯もあると思うが、そのあたりの判断・臨機応変さについて槙野は「そうですね。理想と現実は違いますけど、やっぱり苦しい時間帯の中で自分たちがどうゲームプランを描いてやるかだと思いますので。苦しいときこそ、しっかりと後ろが我慢すること。失点しないことがこの2試合もそうですし、本大会でも大事になってくると思います。後ろをやっている身としては、我慢を強いられる時間帯でどう我慢できるかが試されると思っています」と語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180608-00273302-footballc-socc

結局、最後は個の部分だと思いますので、それを全うできれば


2
4バックがチームのベースになるのか聞かれると「そうですね。長く4枚でやっていますし、西野監督は3枚でやりたいのかもしれないですけど、4枚のほうが慣れがあると思うと言っていますので。ただ、3枚にしても4枚にしても、守るところと決めるべきところをしっかりやるという最後の仕事を。結局、最後は個の部分だと思いますので、それを全うできればと思っていますけど」と答えた。

試合中に4バックから3バックに変わる可能性もあるが「僕で言えば、4枚の真ん中と3枚のストッパーの役割は全然違いますので。3枚のときはできるだけ長友選手のポジション取りと真ん中に入る長谷部選手のスライドを意識しています。4枚のときにはできるだけラインを下げないようにしなければいけないところもありますので。後ろに人数が吸収されないようにしなければいけないと思っています」とコメント。

ワールドカップ開幕が近づいてきたが「あと何日でしたっけ? 12日? 明日のゲームとパラグアイ戦の2試合がありますので、チームとしてこの2試合で何ができるのか、何ができていないのか。この2試合がチームにとって非常に大事になってくると思いますので。ここでしっかり分析することと、この2試合で結果が出なかったとしても、しっかり本大会に向けて準備する期間もありますので、チャレンジしていければいいのかなと思っています」と、意気込みを語っている。

日本代表対スイス代表は今夜26:00試合開始予定。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月08日 20:12
    • ID:Ugpr1mCF0
    • 今回はVARあるからよく手を使う槙野は怖いな。エリア内では特に気をつけてほしい。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月08日 21:30
    • ID:.KYqeBBL0
    • 良さを引き出し合う、サポートし合うって言葉が出てこなくて安心した。W杯は個で負けない意識を第一に持たないとな。
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月08日 22:38
    • ID:3EkTLCyf0
    • 槙野はペナど真ん中でファールすんなくそ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ