Sponsored Link

スペインの名将が、乾&香川に賛辞…「W杯でもサプライズとなりうる」

1
「攻撃から守備に移る際のトランジションには改善の余地がある。日本はしばしば攻めに強迫観念が見られ、守備が疎(おろそ)かになっていた。そこは注意点だろう。しかし攻撃に関するスピード、テクニックのコンビネーションはレベルが高く、W杯でも十分にサプライズとなりうる」

日本代表のパラグアイ戦をスカウティングしたミケル・エチャリは、課題を指摘しつつも、最大級の賛辞を送っている。

スペインの”千里眼”エチャリは、90年代にはエイバルを率い、「いい守備がいい攻撃を作る」という堅実な戦い方で成功を収めている。当時はセミプロに近い選手たちだったにもかかわらず、選手のよさを十分に引き出した。「戦えるチーム」というと抽象的だが、それをロジカルに作り上げる手腕を持っている。

そのエチャリがコロンビアとの前哨戦、パラグアイ戦を検証した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00010005-sportiva-socc

気になったのが、攻撃から守備への切り替えの遅さ


2
「日本はこれまでとはガラリとメンバーを変えている。テストの色が濃厚だった。もっとも、プレーコンセプトとしてはスイス戦と変わっていない。ボールをできるだけ繋げる、そういう意思をキックオフから示している。

パラグアイは4-1-4-1で中盤を固め、慎重な守備的布陣だった。アンカーに入ったリカルド・オルティスは左利きで、他のパラグアイ選手と同じようにスピードはないが、フィジカルが強く、中心になっていた。基本的にはブロックを作って誘い込み、カウンターを仕掛ける戦いで、セットプレーのパターンも選手の配置がよく、成熟を感じさせた。

日本は守備からスタートするパラグアイを相手に、イニシアチブを握っている。コンビネーションを使い、深さのある攻撃を仕掛けた。ただ、スピードが上がり切らず、崩し切れない。

そこで気になったのが、攻撃から守備への切り替えの遅さである。長谷部誠がいれば、そこまで目立たなかったのかもしれない。しかし、この日、先発した柴崎岳と山口蛍は守備面で物足りなさがあった。

柴崎の攻撃的なセンスはすばらしく、周囲と連係して決定的な仕事ができる。一方で、出場した試合のほとんどの失点シーンには、その前後に彼の影があって、守備の強度に問題を抱えている。山口のポテンシャルについては間違いなく、ロンドン五輪前から注目してきた。周囲をカバーし、チーム全体を動かす役割を、昨年のベルギー戦はできていた。しかし、パラグアイ戦では危なっかしかった」

前半32分。パラグアイは右タッチラインのスローインからペナルティエリアにボールを入れる。日本はこれをクリアし切れず、こぼれ球を拾われ、オスカル・ロメロに先制点を叩き込まれた。

「まず、エリア内の球際の争いで、柴崎のファイトは不十分だった。また、バウンドしたボールに対し、昌子源も寄せが甘い。そして東口順昭も反応できたはずのレベルのシュートだった。もっとも、GKは密集したディフェンスのせいで、球の軌道が見えなかったのだろう。

この失点の問題は、守備強度の低さもあるが、それだけではない。後ろに人がいるだけで、ポジション的な優位を失い、むしろ不利になってしまっていた点にある。日本は2失点目でも同じようなミスを犯している」

エチャリの洞察力は日本のミスを見逃さなかった。先制点は失った日本だが、後半に入ると、乾貴士が2得点を決めて逆転に成功する。

逆転ゴールの場面も、スモールスペースでの香川の天才性がよく出ていた


3
「この日、乾は前半からダイアゴナルの動きで、パラグアイ守備陣に脅威を与えていた。スペイン、エイバルで研鑽を積み、連係力が高くなった。後半6分、左サイドでボールを受けると、香川との壁パスで抜け出す。リターンするそぶりを見せながら、香川が開けたスペースに入れ違いで入り、右足で巻くようなショットを決めた。

香川のパス、走り出すタイミングやアングルも申し分なかった。現時点で、トップ下としては本田圭佑よりもいい状態にあるのではないだろうか。逆転ゴールの場面も、スモールスペースでの香川の天才性がよく出ていた。

18分、右サイドからバックラインの前を横切るようなパスが来ると、香川は背後にいた乾の存在を感じている。香川は自分に敵を引きつけることで、乾をポジション的優位にした。おかげで乾はアドバンテージを持ってシュートを打てており、質の高いコンビネーションからの逆転弾になった」

その後、日本はオウンゴールでリードを広げるが、FKからの流れをしのげず、ロングシュートを蹴り込まれて2-3と差を詰められている。89分に香川が4得点目を決め、再び点差を広げたものの、課題が残った。

「1失点目のスローインのときもそうだったが、全体が下がりすぎ、中盤で相手を有利にしてしまった。柴崎の甘いクリアを完全にコントロールされ、フリーの状態で打ち込まれた。戦術的に稚拙な失点だった。数的優位という感覚で枚数を増やすことに必死になるのではなく、常にポジションをバランスよく取ることを心がけるべきだ」

エチャリはそう警告し、最後にコロンビア戦に向けてメッセージを送る。

「ここまでの3試合、戦術的には上向きだ。長谷部が戻れば、中盤はより強固になる。乾貴士、原口元気は両サイドで攻撃から守備、守備から攻撃のトランジションのスイッチになれるだろう。そして長友佑都は乾といい呼吸をつかめるのではないか。また、香川はインスピレーションを取り戻したように映る。

1トップに関しては迷いどころだ。パラグアイ戦では岡崎がいい動きでスペースを作り出していたが、実際にボールに関わるプレーが少なかった。武藤は有効なプレーが多く、強度の高さも見せていた。そして大迫勇也は得点数の少なさ以外は弱点のないFWだ。

しつこいようだが、日本は攻撃を焦ってバランスを崩さないことである。それさえ忘れなければ、日本は波乱を起こせる。ポテンシャルはある。幸運を祈る」
4
日本代表は18日にW杯1次リーグ初戦のコロンビア戦を迎える。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月14日 22:15
    • ID:nVomAyu70
    • 何でこの人こんなに日本代表のことずっと見てくれてるんだろ
      どこかが頼んで仕事としてやってるだけなのかな?
      さすがにずっと見てるだけあって詳しくて適当なイメージで語ったりしないから説得力あるな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月14日 22:16
    • ID:dngBue9r0
    • パラグアイのロングスロー凄かったな
      武器として魅力的だ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月14日 22:17
    • ID:zn40eLPw0
    • このエチャリさんって人はよく見て分析されてるね
      どっかのストイコなんとかとかトルシエンだとかオツムだとか元代表の解説者だとか
      サッカー雑誌の人間とか素人には到底無理な適切な分析

      エチャリさん以外は「ドイツ大会いけるー!」「南ア大会むりー!」「ブラジル大会いけるー!」
      って言ってたうましかどもだろう
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月14日 22:22
    • ID:pt2QPPlW0
    • エチャリさんだと思った
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月14日 22:32
    • ID:pK5eEfdj0
    • まぁ1%位の可能性だよな
      コロンビアのフランス、エジプト戦見たら相性悪すぎる上に
      ビッグクラブみたいなプレスの速さで無理ゲーだと思ったわ
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月14日 22:43
    • ID:poU6wc8a0
    • やはりボランチに昌子を起用して、攻撃は良いが守備の弱い(前の日本代表の遠藤ヤットレベル)柴崎と組ませるしかないわな。
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月14日 22:45
    • ID:wAN3jJa20
    • サプライズ起きてから
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月14日 23:03
    • ID:Dng2TFFt0
    • この人監督やってくれんかと思って調べたらもう今年で72歳だった…
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月14日 23:11
    • ID:NROOEzDw0
    • パラグアイ戦の選手の表情見てて、とても本番を想定しているとは思えなかった。同じメンタル状態を本番に持ち込めるわけないんだから、本番の緊張感、切迫感を一人ひとりが自分に言い聞かせてイメージを共有しないといけなかったと思う。
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月14日 23:36
    • ID:pKkdnzI00
    • こういう分析を代表の監督コーチ、サポートチームは出来ているのだろうか?流石にプロだし出来ているんだろう。と、思いたい。
      でもそうであれば宇佐美を選んでしかも使う理由が未だにわからんのだ。
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月15日 00:06
    • ID:Wi9AzIs80
    • 昌子ボランチとか…
      ウイイレでやってろよ(笑)
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月15日 00:08
    • ID:sBy4ge9n0
    • 柴崎の守備かるいって千里眼が…
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月15日 00:21
    • ID:A.ju.2470
    • ※9
      まぁそれより弱いガーナ戦より余程よかったのは確かだな
      点もとれたし
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月15日 00:53
    • ID:5EFsvC6.0
    • ありがたがるほどの指摘とは思えない
      日本は押し込められたら
      CBがそんなに大きいわけでもなく失点するよ
      少ないチャンスを決めれれば勝機はあるけど
      常に先手で得点出来るかだよ
    • 15
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月15日 01:55
    • ID:8TEFQH8n0
    • 失点したら諦めるしか言わないバカよりマ。

      ほぼ全部言うとおりだけど。長谷部長友を入れて連携が上手く行くかは微妙なとこあるけど、未知数の連携を除いて能力を考えればその通りだと思う。とにかく長いのにめちゃくちゃまとまってる記事だな
    • 16
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月15日 02:30
    • ID:SOrlBGVW0
    • 本田、宇佐美、川島を使ってはならない
      マジで負ける
    • 17
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月15日 03:58
    • ID:O5Jz0pAC0
    • ほんと、この人の分析力は毎回すごいわ
      それに比べて、昌子をぶっつけ本番でボランチに使おうとか言い出すコメよ
    • 18
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月15日 04:59
    • ID:z6GMMOgx0
    • 乾と長友のコンビについてはちょっと疑問だな
    • 19
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年06月15日 18:27
    • ID:hFfYL6OI0
    • 高徳と乾のコンビネーションはとても良かった。パスワークでDFを抜くなんて、長友で見たことない。
      乾出すときは、高徳の方がいいな。高徳は体格もあるし、長友にすると2チビで狙われてしまう。
      おまけに長友ははっきり言って、攻撃はクソなんだよ。遅いしすぐにバックパスするし、無駄にあがるし、インテルでもそれでベンチになってんだから。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ