Sponsored Link

ポルト、ストリートアーティストが手掛けた2018-19サードユニフォームを発表

1
2017-18シーズンは5季ぶりのリーグ優勝を果たしたFCポルト。

1893年9月28日に誕生したポルトは、2018-19シーズンでクラブ創設125周年の節目を迎える。その新シーズンに向けたサードキットは125周年モデルに位置付けられ、それを祝した独創的でユニークなグラフィックが目を奪うデザインとなっている。

http://news.livedoor.com/article/detail/14987471/

新しいサードキットはブルーを基調に、ちょっとポップなグラフィックが特徴的。これは地元ポルトを中心に活動している有名なストリートアーティスト(そしてポルトサポーター)、Hazul Luzahが手掛けたデザインだ。


2

Hazul Luzahのデザインは、太さが異なる曲線を多用したラインワークが特徴。数字「125」やスタジアム、ドラゴンなどクラブを象徴するデザインをモノクロームで描いている。ちなみに彼が手掛けるストリートアートは、基本的にカラフルなものがほとんど。


3

ホーム、アウェイと同じく背中スポンサーはビールブランド「SUPER BOCK」のロゴマークを掲出。


4

パンツ、ソックスともにブルーを基調。ソックスの足首部分に、チーム名とメーカーロゴマークが入る。


5

125周年モデルはエンブレムの色と素材が異なる。ホーム、アウェイ各キットは通常カラーの熱転写仕様だが、このサードはモノクロームで立体感あるデザイン。125周年記念ならではの特別感を演出している。


6

背面の首元には125周年記念の丸いパッチを装着。


7
8
9

ポルトが初めて欧州主要タイトルの決勝に進出したのは、プラティニを擁するユヴェントスに敗れてタイトルを逃した1984年のUEFAカップウィナーズカップ。その試合で着用したユニフォームはこのサードキットと同じように、シャツからソックスまで全てブルーだった。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年07月10日 08:24
    • ID:K.Qyl0V50
    • スポンサーのロゴのせいでダサくかんじる
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ