Sponsored Link

大迫勇也がブレーメンを選んだ理由「他のクラブは選択肢に入らなかった」

1
ヴェルダー・ブレーメンに加入した日本代表FW大迫勇也が、移籍先の候補の中からブレーメンを選んだ理由を語っている。『マイン・ヴェルダー』が報じた。

2014年に1860ミュンヘンへ移籍して以来、およそ4年間に渡ってブンデスリーガでプレーする大迫。昨季はケルンで公式戦32試合に出場6ゴールを記録したが、クラブの降格に伴い新天地を求め、来季はブレーメンでプレーすることとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000008-goal-socc

ブレーメンに加入した大迫


2
大迫は「他に選択肢として考慮するクラブはありませんでした」と話し、ブレーメンを選んだ理由を語っている。

「フロリアン・コーフェルト監督の下で、ヴェルダーは攻撃的で、魅力的なフットボールをしていました。それでいて成功も収めていました。監督と話し、新シーズンもこういうスタイルでやると教えてくれたので」

また、お気に入りのポジションについて「10番か9番。その辺りでプレーしたいですね。ウィングとしてもプレーできますけど」と語っている。
3
新天地では8番を背負う大迫。攻撃的なスタイルを掲げるチームで輝きを放つことはできるのだろうか。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年08月07日 05:36
    • ID:WajFR8BO0
    • 9番にこだわるわけじゃないのは偉いな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年08月07日 10:40
    • ID:fulw4Bli0
    • ドイツ紙じゃ大迫相当なオファーあったって書いてあったね
      ブンデス1部の半数と海外クラブとか
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年08月07日 10:40
    • ID:T14GZH8U0
    • 最初にいった偽バイエルンでもどっちかというと司令塔の様な役割を
      いきなりさせられてたしな。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ