Sponsored Link

チェルシー、PK戦でリヨンに勝利…去就注目のアザールも後半から出場

no title
インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2018が7日に行われ、チェルシーとリヨンが対戦した。

チェルシーは5日に行われたコミュニティ・シールドからスタメン全11人を変更。ウィリアン、ヴィクター・モーゼスらがスタメンに名を連ね、去就が注目されているエデン・アザールもベンチメンバーに入った。一方、リヨンはマリアーノ・ディアス、メンフィス・デパイらが先発メンバーに選ばれている。

【スコア】
チェルシー 0-0(PK5-4) リヨン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00807907-soccerk-socc

チェルシーがPK戦で勝利した


2
前半はリヨンがボールを握る展開が続く。31分にはディアスのクロスをリュカ・トゥザールがダイレクトで合わせるも、ボレーシュートは枠を捉えきれない。一方のチェルシーもウィリアンが中心となって攻め立てるも、ゴールを奪うことはできない。前半はスコアレスで終了した。

後半に入るとチェルシーが試合の主導権を握る展開に。54分、ルベン・ロフタス・チークがGKと1対1のチャンスを迎えるも、シュートはポストに弾かれゴールならず。その後もチェルシーはエンゴロ・カンテ、ジョルジーニョ、アザールらを投入して反撃に出るも、最後まで得点を奪うことができず、試合はこのままタイムアップ。決着はPK戦に委ねられた。

PK戦では両者譲らぬ展開となり、4番目のキッカーまでは全員が成功。迎えた5番目、先攻のリヨンはパペ・シェイク・ディオプがキッカーを務めるも、チェルシーのGKロバート・グリーンがシュートをセーブ。一方のチェルシーはアザールが冷静に流し込み、チェルシーがPK戦の末にリヨンを下した。

チェルシーは11日のリーグ開幕戦でハダースフィールドと対戦する。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ