Sponsored Link

モロッコ開催、一発勝負、VAR採用…バルセロナが初めてづくしのスペイン・スーパーカップを逆転で制する

1
12日のスペイン・スーパーカップ、セビージャ対バルセロナは2-1でバルセロナが勝利し、2年ぶりの優勝を果たした。

新しいことづくめのスペイン・スーパーカップだ。セビージャがヨーロッパリーグ予選を戦っていることもあり、対戦形式をホーム&アウェーではなく一発勝負に変更(セビージャは一発勝負を望まなかったが…)。それに伴いスペインの外、モロッコのタンジェで試合を開催。さらにスペインの公式戦では初めてVARが採用されている。新しいことづくめの中で引きずっていることがあるとすれば、昨季コパ・デル・レイ決勝の結果か。セビージャはあの試合でバルセロナに0-5の大敗を喫し、ファンから屈辱だと大きな怒りを買った。

両チームのシステムは、バルセロナが伝統の4-3-3、セビージャが前ジローナ指揮官マチン監督のアイデンティティーとも言える3-4-3。立ち上がりはバルセロナがボールを保持して、対してセビージャが整然とした守備からの速攻でゴールを狙うという展開になる。

セビージャ 1-2 バルセロナ
■得点者
セビージャ:サラビア(9分)
バルセロナ:ピケ(41分)、デンベレ(79分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000032-goal-socc

バルサがセビージャを2-1で下し、スペイン・スーペルコパを制した


2
すると9分、今季から使用するVARが、スペイン公式戦の今季初ゴールを導いた。セビージャがカウンターを仕掛け、ムリエルのスルーパスからフリーのサラビアが左足のシュートを枠内に突き刺す。一度はオフサイドの判定となったものの、VARによってオンラインであったことが認められて、スコアが動いている。

ビハインドを負ったバルセロナは攻勢を強めたいところだったが、やはりすでに公式戦をこなしているセビージャとのコンディション、プレーの完成度の差は明らか。ピッチ中央の密度を高めるマチン監督のチームに対して、効果的な攻撃を仕掛けることができない。それでも今季からイニエスタに代わってキャプテンを務めるメッシや、ルイス・スアレスらが強引にシュートまで持ち込んだが、セビージャGKバツリークの好守も飛び出して決め切ることはかなわなかった。

攻めあぐね続けるバルセロナだったが41分、セットプレーから同点に追いつくことに成功。ペナルティーエリア手前からのフリーキック、メッシが叩いたボールは左ポスト、横っ飛びしたバツリークの背中、左ポストと順に当たり、こぼれたボールをピケが押し込んだ。ピケはオフサイドポジションだった疑いがあったが、VARがそれを払拭してゴールは認められている。バルセロナはその直後、再びムリエルのスルーパスからサラビアの決定機を許したが、これはGKテア・シュテーゲンがセーブ。試合は1-1のまま折り返す。

バルベルデ監督はハーフタイム、ラフィーニャをラキティッチに代え、さらに53分にはアルトゥールも下げてコウチーニョも投入。うまく機能していなかった中盤の構成をコウチーニョ、アルトゥール、ブスケッツに変更する。一方マチン監督はムリエルとの交代で加入して間もないアンドレ・シウヴァを1トップに据えた。

その後もボールを保持したのはバルセロナだが、相変わらず巧みな守備を見せるセビージャも速攻から彼らのゴールに迫っていく。バルセロナはメッシやデンベレがチャンスを迎えたものの、バツリークの牙城を崩すには至らない。対してセビージャはバネガのCKにフランコ・バスケスが頭で合わせたが、ボールはクロスバーに当たり枠外へ。F・バスケスはさらにペナルティーエリア手前からグラウンダーのシュートでゴールをうかがったが、これはわずかに枠を逸れた。

苦しい試合を強いられたバルセロナだったが79分、デンベレの超絶ゴールによってついにスコアをひっくり返した。ペナルティーエリア手前右でボールを受けたデンベレは、バネガが寄せてくる前に素早く右足を強振。強烈な速度のボールは、好守を見せ続けたバツリークの横っ飛びも無意味なものとして、クロスバーに当たってから枠内に収まっている。昨季にバルセロナに加入し、期待したような活躍を見せられなかったデンベレだが、その存在を強烈にアピールしている。

リードを得たバルベルデ監督は85分、そのデンベレとの交代で新加入アルトゥーロ・ビダルをバルセロナデビューさせ、中盤の守備力を上げる。対して、失点前にサラビアとの交代でバルセロナから出戻ったアレイクス・ビダルを入れていたマチン監督は、DFのメルカドをFWのベン・イェデルに代えて猛攻を仕掛けた。

そして89分、テア・シュテーゲンがアレイクス・ビダルを倒したとして、セビージャがPKを獲得。しかしキッカーのベン・イェデルが打ったシュートは、バルセロナ守護神がセーブしている。バルベルデ監督のチームは1点リードを最後まで守り切り、コパ・デル・レイ決勝に続いてセビージャ相手にタイトルを獲得した。

なおメッシは、このスーパーカップ優勝がバルセロナで獲得した33タイトル目となり、同クラブにおけるタイトル最多獲得選手となった。獲得タイトルの内訳は、リーガ・エスパニョーラ9回、コパ・デル・レイ6回、チャンピオンズリーグ4回、クラブ・ワールドカップ3回、UEFAスーパーカップ3回、そしてスペイン・スーパーカップが8回となっている。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年08月13日 15:16
    • ID:MeavLPTv0
    • jリーグもVARはよ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年08月13日 15:48
    • ID:2zdTfno.0
    • セビージャのGK凄い良かったな
      それとテアシュテーゲンの自作自演は笑った
      絶対延長入ると思ったわ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年08月13日 16:17
    • ID:TT75T74L0
    • 今年はテンベレが活躍するかもなぁ・・・
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年08月13日 16:53
    • ID:xOkvp3mR0
    • メッシのスルーパスやっぱ凄いわw
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ