Sponsored Link

チェルシーが開幕4連勝!ボーンマスに苦戦もペドロ&アザール弾で完封勝利

1
[9.1 プレミアリーグ第4節 チェルシー2-0ボーンマス]

プレミアリーグは1日、第4節を各地で行った。チェルシーは本拠地スタンフォード・ブリッジでボーンマスと対戦し、2-0で勝利した。

前節アウェーでニューカッスルを2-1で下し、開幕3連勝を飾ったチェルシー。その試合からスタメンを1人変更し、FWペドロ・ロドリゲスに代えてMFウィリアンを起用した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-01748539-gekisaka-socc

チェルシー、ペドロ&アザール弾で開幕4連勝


2
立ち上がりは2勝1分で無敗のボーンマスのハイプレスに苦しんだチェルシーだが、徐々にポゼッション率を高め、押し込み始める。しかし、前半29分にボーンマスにチャンスが訪れる。左サイドからDFディエゴ・リコがクロスを送り、フリーで飛び込んだFWカラム・ウィルソンが右足で合わせたが、わずかに枠を外れて絶好のチャンスを逃した。

前半はポゼッション率76.3%、シュート12本を浴びせながら、ゴールネットを揺らすことができないチェルシー。その前半で一番の決定機はアディショナルタイム1分のシーンだった。PA左でボールを受けたMFエデン・アザールがカットインするかと思われたが、後方にパスを送る。これをDFマルコス・アロンソが左足で狙うが、左ポストを直撃。前半をスコアレスで終えた。

チェルシーは後半16分、FWアルバロ・モラタに代えてFWオリビエ・ジル、20分にはウィリアンに代えてペドロを投入。ジルをトップに攻勢を強めていくと、27分に均衡を破る。アロンソのパスをペナルティーアーク内で受けたペドロがジルとのパス交換から右足を振り抜く。これがゴール左に決まり、待望の先制点を奪った。

さらにチェルシーは後半40分、アロンソとのワンツーでPA左へ進入したアザールが左足一閃。角度はなかったが、低い弾道のシュートをゴールネットに突き刺して勝負あり。チェルシーが2-0で完封勝利を飾り、開幕4連勝とした。

次節、チェルシーはカーディフ、ボーンマスはレスターと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月02日 08:06
    • ID:vDz1XuQz0
    • アロンソ怪物やな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月02日 08:44
    • ID:RHT4smhS0
    • ボーンマスも良くやってたけど相手が悪かった
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月02日 11:26
    • ID:xXTe3sAQ0
    • アザールは両利きだな実質
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ