Sponsored Link

ウォーカーの弾丸ミドルが決勝点…シティがニューカッスル下して今季3勝目、武藤は出場機会なし

1
[9.1 プレミアリーグ第4節 マンチェスター・C 2-1 ニューカッスル]

1日、プレミアリーグ第4節が行われ、マンチェスター・シティはホームでニューカッスルと対戦し、2-0で勝利した。なお、FW武藤嘉紀はベンチスタートも出場機会はなかった。

前節、“疑惑の失点”により昇格組のウォルバーハンプトンと引き分けたシティ。その試合から先発3人を変更し、MFイルカイ・ギュンドガンとMFベルナルド・シウバ、DFビンセント・コンパニに代え、DFジョン・ストーンズとMFリヤド・マフレズ、FWガブリエル・ジェズスを起用した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-01750502-gekisaka-socc

スターリングとカイル・ウォーカーのゴールによりシティが勝利


2
試合は開始早々に動いた。前半8分、シティは相手のパスミスからMFフェルナンジーニョがすぐに縦に入れ、MFラヒーム・スターリングがPA左から中央に切れ込んで右足を振り抜く。これがゴール右に突き刺さり、シティが先手を取った。

ここまで1分2敗と勝利がないニューカッスル。1点を追う展開となったが、前半30分に同点に追いつく。PA左に進入したFWサロモン・ロンドンが味方の上がりを待って、中央へGKエデルソンも出られない絶妙なラストパスを送る。これを後方から勢いよく走り込んだDFデアンドレ・イェドリンが右足で合わせ、試合を振り出しに戻した。

それでもシティは動じなかった。後半7分、スターリング、FWセルヒオ・アグエロとつないでDFカイル・ウォーカーが敵陣中央やや右から右足を一閃。地を這うようなミドルシュートが左サイドネットに突き刺さり、これが決勝点となった。2-1で勝利したシティは3勝1分で開幕からの無敗を維持している。

次節シティはホームでフルハムと、ニューカッスルも同じくホームでアーセナルと対戦する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月02日 15:27
    • ID:Sz4cgvjt0
    • 武藤はちょっと苦戦しそうだな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月02日 23:17
    • ID:QrjE9g0M0
    • 武藤は駄目なんじゃないかやっぱり
      そもそもマインツでもそこまで活躍してたって訳じゃないし
      岡崎と比べるとね
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月03日 04:09
    • ID:8Ab1uteH0
    • ブンデスで大した事なかったって言うなら移籍早々の活躍が無くても期待はずれ呼ばわりする必要も無いし※2は矛盾してね?

      俺は馴染んで成長する方に期待大だけど。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月03日 14:49
    • ID:SDpk0VPu0
    • ウォーカーあんなんずるいやん
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ