Sponsored Link

「褒められたことない」「冷淡すぎる」元“教え子”クラウチが明かしたニューカッスル指揮官ベニテス

1
日本代表FWの武藤嘉紀が所属するニューカッスルで辣腕を振るうラファエル・ベニテス監督は、一体どういう人物なのか? その人となりを元イングランド代表FWピーター・クラウチが明かしている。

2005年からの3年間、ベニテス率いるリバプールでプレーしたクラウチは、9月18日に発売となる自身の自伝本『How To Be A Footballer(フットボーラーであるために)』で、「素晴らしい監督だし、世界屈指のクラブで僕にチャンスを与えてくれた人物だ」と評しつつも、「冷淡すぎるんだ」と、その人間性を語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180912-00047168-sdigestw-socc

ベニテスについて語ったクラウチは、その人柄についても告白した


2
「リバプールでラファとプレーした選手なら、誰もが同じことを言うと思うけど…。彼はとても冷淡な男だった。選手を褒めることは一度もなかったし、うまくやったって、いつも何らかのミスを取り上げる人だった」

ベニテスと言えば、緻密な戦術を植え付け、統率の取れたチームへと変貌させることから“知将”のイメージが強いが、クラウチはその戦術に疑問を覚えたときがあったと明かしている。

「個人的なことを言えば、僕は彼の考え方が複雑すぎると思ったことがあった。ホームで格下のチームと戦う際に、何か間違ったことをやろうとしているのではないかと感じていたときもある。『ちょっと待ってくれ! シャビ・アロンソ、ハビエル・マスチェラーノ、そしてスティーブン・ジェラードがいて、普通にやっても勝てる!ボランチ二人はいらないし、守備的にならなくてもいい』ってね。色々考えすぎなんだよ。でもね、ラファっていうのはそういう人なんだ」
3
かつての“教え子”クラウチによって、その厳しい性格が明るみになったベニテス。そんな指揮官の下で研鑽を積んでいる武藤も、同じような指導を受けているのかもしれない。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月12日 19:09
    • ID:rpJGk50Z0
    • 武藤は、そういうのあまり関係ない
      合理性や論理性を好み重要視するタイプだから
      むしろ、感情に流される合理的ではない監督が苦手だろう
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月12日 20:14
    • ID:GpjahbNs0
    • まあ慎重で神経質すぎるぐらいだからこそバレンシアで大暴れできたんだしそれがベニテスなんでしょ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月12日 20:37
    • ID:5X.9yoOs0
    • レアルとインテルではそれで失敗したんだよな
      プライドの高いトッププレイヤーが多かった
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月12日 22:59
    • ID:ocpn5fKh0
    • 監督の資質で最後にものをいうのは人心掌握
      知将だろうが先進的なシステム開発しようが、最後に必要なのは人望
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ