Sponsored Link

南野のザルツブルク、2018-19ELユニフォームを発表…初戦はレッドブルダービー

1
南野拓実が所属するレッドブル・ザルツブルクとテクニカルスポンサーのNikeは18日、今季のヨーロッパリーグ(EL)で使用するカップ戦用キットを発表した。

クラブの説明では、20日に敵地で行うRBライプツィヒとのEL開幕戦から着用するという。

メインスポンサーのレッドブル社がどちらのチームにも深く関わっていることから、この一戦は「レッドブル・ダービー」として注目を集めている。

http://news.livedoor.com/article/detail/15335272/

濃さが異なる2色のレッドが織りなすデザイン。胸のスポンサーは国内リーグ用のようなレッドブル社のロゴマークではなく、シンプルに商品名をレタリングする。右袖には大会パッチ、左袖にはリスペクトパッチを装着。


2

背面はシンプルにレッド一色。なおザルツブルクの場合、CLやELの選手用キットには腰部分にチャリティーロゴを入れる場合がある。


3

パンツ、ソックスともに、シャツと同じディープレッドを基調にホワイトの差し色という組み合せ。


4

ザルツブルクはUEFAの大会に出場の際、エンブレムを変更する。右側の通常版だとエンブレム自体が「Red Bull」のロゴデザインそのものであり、“スポンサーロゴはシャツ前面中央のみ”というUEFAの規定に抵触する。またチーム名も規定により、スポンサー名を入れることはできない。


5

コンプリートルックはこのような感じに。シャツはNikeのテンプレートだが、全体的な雰囲気は悪くない。


6

ザルツブルク対ライプツィヒはこの後4時試合開始予定。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ