Sponsored Link

「カガワは重要な役割を担う!」現地メディアがドルトムントと香川真司の近未来を予測

1
ドルトムントに所属する日本代表MF、香川真司に光明が差し込んでいる。

今シーズン、香川はブンデスリーガで開幕から3試合連続でベンチ外となり、一時は構想外とも見られていた。しかし、代表ウィーク中のテストマッチで結果を出し、チャンピオンズ・リーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦で交代出場から好プレーを披露。続く9月22日のブンデスリーガ4節のホッフェンハイム戦では初先発の機会を得るなど、徐々に評価を高めている。

そんな日本代表MFは今後さらに出場機会が増える可能性が出てきている。というのも、トップ下のポジションを香川と争うドイツ代表MFのマリオ・ゲッツェがコンディションを落とし、指揮官リュシアン・ファーブルによる評価が急落しているからだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180924-00047718-sdigestw-socc

この日本人には忍耐が必要だ。そうすれば、必ずチャンスは訪れる


2
ドイツ・メディア『SPOX.com』によれば、今シーズンからドルトムントに就任したファーブルは、プレシーズン中にロシア・ワールドカップに参加したメンバーを除く全員を見定めようとしたものの、ゲッツェは自身のハネムーンを理由に長期休暇を申請し、チームのアメリカ遠征に帯同しなかったという。

これにファーブルは不満を抱いてしまったと伝える『SPOX.com』は、「ゲッツェがドルトムントで、ブンデスリーガの開幕から4試合で1分もプレーできていないのは初めての経験だろう」と綴っている。

こうした報道に対してファーブルはドイツ衛星放送「Sky Sports」で、「ゲッツェに何ができるかは誰もが分かっている。だが、これは私の決断だ。彼をいま出していないのは、純粋に競技上の理由なんだ」と、あくまでチーム内の競争による起用法であることを示唆した。

 今後もゲッツェがこうした状況に置かれることになれば、必然的に香川の出場機会は増えてくるはずだ。イングランドのサッカー専門メディア『90MiN』は、かつてマンチェスター・ユナイテッドに在籍したサムライ戦士へ次のような期待を寄せている。

「香川はファーブルの下で重要な役割を果たすことになるだろう。昨シーズンの後半戦はケガで離脱していたが、チーム最高の選手の1人であることに変わりはなかった。今、この日本人には忍耐が必要だ。そうすれば、必ずチャンスは訪れる」
3
ゲッツェ以外にも中盤の攻撃的なポジションには、マフムード・ダフートやジェイドン・サンチョなど、豊富に駒を揃えるドルトムント。それだけに、香川が今後も厳しい競争を強いられることは間違いないが、そのなかで彼は、以前のように定位置を勝ち取ることができるだろうか?

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月25日 07:41
    • ID:d33vtTBf0
    • いつものこと
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月25日 07:46
    • ID:nR.MwkBR0
    • 序盤→香川要らねw
      中盤→香川使おう   ←既にここ
      終盤→香川中心!
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月25日 07:50
    • ID:uPlOBBNY0
    • ゲッツェがアメリカツアーに帯同してなかったとか何を言ってるのか
      ガッツリ試合に出てただろ、それもほぼスタメンで
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月25日 07:51
    • ID:.ITHLTtp0
    • カウンタータイプの監督連れてくれば外されるわな
      前任の人はポジションタイプだから最初から使ったけど
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月25日 08:21
    • ID:2KXiZg2A0
    • ※4
      ボスは典型的なオランダ式ポゼッションだったが出場は少なかったし、ドル初期はカウンタータイプだったが活躍してたじゃん
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月25日 08:28
    • ID:Csm5Bx5G0
    • 香川はシーズン終わり頃には必ずスタメンになっている。それはユナイテッドの時もそうだった。
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月25日 08:33
    • ID:Csm5Bx5G0
    • 香川に任せたら良いのに。監督が香川を信頼するだけでチームはまとまる。何故なら香川はチームの事を考えられる経験も能力もあるから。監督は選手の性格も見極めないとさ。
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月25日 08:39
    • ID:fzqgGzy50
    • 忍耐はすべての扉を開く
    • 9
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月25日 09:05
    • ID:3BjPhslw0
    • 就任後すぐに香川を重用したシュティーガーは流石だな、すぐにチームを建て直さなければならない任務だったからの決断。
      しかしゲーム中の引き出しは少なかったが
      一番大事な基礎は安定させたわけだ。
      ボシュは建て直しのタイミング、ゲーム中の修正すら遅れていたからね。
      この大きな違いにドイツ人も早く気がつける日が来るとよいね。
    • 10
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月25日 09:29
    • ID:8.FCtC880
    • 香川ってフルシーズン出ることが殆どないな
    • 11
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月25日 11:09
    • ID:Ucp9g84R0
    • 序盤→香川要らねw
      中盤→香川使おう、活躍
      終盤→香川怪我

      だよ
    • 12
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月25日 11:14
    • ID:9eIA9SO70
    • ボス監督時代は香川が怪我完治しても使わずゲッツが常にスタメンで
      ゲッツ中心チームで散々な結果でクビ
      その後新監督になったシュテーガーは香川の能力をちゃんとわかっていて
      就任するや否や即スタメンで使い、香川が上手くサンチョやバチュアイを使って
      大活躍し最終的にはドルCL出場に貢献したけど
      せっかくロイスが怪我復帰してさあこれからという時に香川が怪我したら
      バチュアイもサンチョもロイスも活かせず4位で終わってしまったのに
      ゲッツェゲッツェばかりで香川の貢献度をまったく考慮に入れず
      裏切り者をいつまでも擁護し続けるドルフロントと地元メディア
      いくらドイツ優勝のヒーローとはいえ
      W杯でも常に途中出場やベンチであのゴールだけしか目立ってないのに
      4年前のことにいつまで執着してるんだろ?
      このままではゲッツェを獲得したことがドル崩壊の引き金になってるし
      ファンも離れていく可能性もあるね
    • 13
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月25日 16:10
    • ID:YL8EoXPy0
    • 香川の場合は今季PSMからチャンスをほとんど貰えなかったけど、ゲッツェは単純に競争に負けただけなんだよな。それをドイツメディアは認めようとしない。そして香川のことは最初から居ない者扱いに近い。まぁ香川は外国人だからドイツ人でアイドルのゲッツェと扱いが違うのはわかるが、それにしてもこのゲッツェ推しは異常だよ。ゲッツェはドルトムントに居たいなら競争を受け入れないといけない。

      香川は冬に移籍するのかわからないけど試合に出たらもっとエゴを出していいと思う。少しでも目立って良い印象を与えられればスタメンも増えてくるし、良い移籍先も見つかるだろうから頑張ってほしい。
    • 14
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月25日 16:34
    • ID:Yp57P1ZU0
    • イングランドのメディアが現地メディアになるのか?
      もうなんでもありやな。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ