Sponsored Link

トーレスが履いたMizuno製のスパイクに「日本語」を発見

1
今年からサガン鳥栖でプレーする元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス。

先日にはMizunoとブランドアンバサダー契約を結んだことが話題になった。

柏レイソル戦では早速『モレリア ネオ 2』を着用!「ゴールド×ブラック」という鉄板カラーリングだけに、遠目からでも映える。

http://news.livedoor.com/article/detail/15361844/

そのスパイクをアップで見てみると…。


2
3
4

「レオ」と「ノラ」という文字がカタカナで入っているように見える。これはトーレスのお子さんである息子レオくんと娘のノラちゃんの名前。


5

スパイクに家族の名前を入れる選手は多い。同じくMizunoを履いているフッキも、日本で出会ったという妻イラン・ソウザさんや子供の名前を入れている。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ