Sponsored Link

上がるか、ズルズル下がるか。正念場の名古屋、厳しいチーム事情で迎えるC大阪戦

1
名古屋グランパスは30日に行われる明治安田生命J1リーグ第28節でセレッソ大阪と対戦する。7連勝後に2連敗を喫し、再び降格圏が迫るだけにここで悪い流れを断ち切りたい。

名古屋は前々節、8連勝を目指してV・ファーレン長崎との昇格組対決に臨んだが、鈴木武蔵にハットトリックを許すなど4ゴールを奪われ、3-4で敗戦。7月18日の第16節・浦和レッズ戦(1-3)以来9試合ぶりの黒星を喫した。

前節は川崎フロンターレのホームに乗り込むも、王者に試合巧者ぶりを見せつけられ1-3と敗れ、痛恨の連敗となった。「立ち上がりから普段と同じことができなかった。それで自分たちのリズムが作れなかった。全体を通して奪ったボールを奪われることが非常に多かった」と、風間八宏監督が振り返るように、川崎Fの前から仕掛ける激しいプレスに怯んでしまい、前線のターゲットであるジョーへ決定的なボールを供給できなかった。

一方で川崎Fの「自信をもってボールを持っている」戦い方を称賛し、「そこはすごくウチの選手たちは見習うべき。今後に向けて大きな経験になった試合だった」と、収穫も明確に見えたゲームだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00010001-goal-socc

正念場を迎えた名古屋。今節はC大阪と対戦


2
今節は上位につけるC大阪との一番だが、エドゥアルド・ネットが累積警告で出場できず。ガブリエル・シャビエルもケガにより引き続き欠場が濃厚。シャビエル離脱後の2試合で連敗していることから、エースのジョーとのコンビネーションを担う“橋渡し役”の抜擢が必要となる。

厳しいチーム事情ではあるが、青木亮太が前節の川崎F戦で12試合ぶりに復帰したことは好材料。さらに、古巣との一番になる長谷川アーリアジャスールの出場も濃厚だ。前線はここまでリーグ20ゴールを記録しているジョーを筆頭に、3試合連続ゴール中の前田直輝の機動力も勝ち点3奪取へのポイントだ。

「ここから連敗したらまたズルズル下がっちゃう一方なので、次に切り替えないといけない」

前田はそう言ってC大阪戦での必勝を誓っている。下位チームが勝ち点を積み上げたことで、気づけば降格圏との勝ち点差は1に縮まっている。とはいえ、上を見れば10位・清水エスパルスから14位・名古屋までの勝ち点差はわずか3と、勝てば再び浮上できる可能性もある。

C大阪との前回対戦は互いに決め手を欠いてスコアレスドローに終わっている。通算成績では20勝3分12敗と名古屋が勝ち越し中。一方でデータサイト『Opta』によると、名古屋はアウェイ戦で現在11試合連続失点中(計26失点、1試合平均2.4失点)で、敵地での連続失点記録としては、2013年4月~2014年3月に記録した16試合連続以降ではワーストとなっている。

さらに、先制点を奪われた試合数が今季リーグワースト(16試合:3勝1分12敗)なのに対し、C大阪は今季、先制点を奪った12試合で無敗(7勝5分)をマークしており、どちらが先にゴールを奪うかが、勝敗を分かつ重要なファクターとなりそうだ。
3
名古屋は安全圏への浮上を、C大阪はACL出場圏内滑り込みへ。互いの思惑が入り乱れる注目の一戦は、台風24号の影響も心配されるが、通常通り開催となれば30日16時にヤンマースタジアム長居でキックオフを迎える。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月28日 16:19
    • ID:S7.9Xb3E0
    • シャビさんとネットさんいないと流石に厳しい
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月28日 17:10
    • ID:b50d9hJK0
    • チャラッソには期待しない。
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月28日 18:40
    • ID:ZhsSYzd.0
    • 長崎に負けたのが痛かったね…
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月28日 20:19
    • ID:tZOKbdzU0
    • ジャスールいらんまじで
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ