Sponsored Link

メッシ途中出場のバルセロナ、ビルバオとドローで公式戦3試合未勝利に…

1
ラ・リーガは29日に第7節が行われ、バルセロナはアスレティック・ビルバオと対戦した。

前節最下位レガネス相手に敗戦を喫し、現在2試合勝利から見放されているバルセロナ。ホームで勝利が欲しい一戦だったが、バルベルデ監督はチャンピオンズリーグを見据えてかメッシとブスケッツを温存。ベンチスタートとした。

■試合結果
バルセロナ 1-1 ビルバオ
■得点者
バルセロナ:ムニル(84分)
ビルバオ:デ・マルコス(41分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000039-goal-socc

バルセロナまさかの3試合勝ちなし…


2
しかし、この采配が裏目に。なかなかゴールを奪えないでいると、41分にクリアを高い位置で拾われ、最後は左サイドのクロスをデ・マルコスにダイレクトで合わされて失点。リードを許す展開になる。

後半51分、セルジ・ロベルトの負傷に伴いブスケッツを投入。さらに55分には、たまらずメッシをピッチに送り出した。

メッシ投入で流れ掴みたいバルセロナは、62分にコウチーニョがポスト直撃のシュートを放つ。スアレスが詰めたが、押し込むことはできなかった。72分にはメッシがゴール前で得たFKを直接ねらったが、ゴール前に入っていたDFのクリアにあっている。逆に74分にはピケの裏をウィリアムズに突かれ、ピンチを迎える。

連敗は許されないバルセロナは、メッシを中心に攻撃を組み立てる。背番号10はポスト直撃のシュートを放つなどゴールを目指して攻め続けるが、ゴールをこじ開けるには至らない。

それでも84分、バルセロナがついに同点に追いつく。起点はやはりメッシ。右サイドからエリア内にカットインしてシュートを放つ。これはGKに防がれたが、背番号10はこぼれ球を拾って折り返し、最後はムニルが押し込んだ。

畳み掛けるバルセロナは、87分にスアレスがネットを揺らしたが、ここはオフサイドの判定。その後も猛攻を仕掛けるが、最後まで逆転弾を奪うことはできず。1-1のドローに終わった。

この結果、バルセロナは公式戦3試合未勝利に。不安を抱えたまま、チャンピオンズリーグの敵地トッテナム戦に臨むことになった。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月30日 11:03
    • ID:Az6L6Kf00
    • 攻撃の形は出来が良かったと思うけど、運もなかった。

      それよりウムティティがいない影響で守備が不安すぎる。ピケも集中力散漫だし。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月30日 12:37
    • ID:X9IfF.uS0
    • スアレスが点取れなくなったのとピケがアカン
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月30日 15:16
    • ID:WurWtdcx0
    • 結局最後のチャンスメイクが全部メッシ経由だから、メッシが入るまで
      ボールはちゃんと敵陣深くまで運んでるのにシュートに結びついてなかった。
      コウチーニョあたりがもう一皮むけないと厳しいな。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年09月30日 15:26
    • ID:mM9kWLCv0
    • バルサめちゃくちゃ焦ってたな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ