Sponsored Link

スターリングが1G1A!シティが今季4度目の完封勝利、4連勝でCLに弾み

1
[9.29 プレミアリーグ第7節 マンチェスター・C 2-0 ブライトン]

プレミアリーグは29日、第7節を行った。マンチェスター・シティはホームでブライトンと対戦し、2-0で勝利した。

シティは2日にUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)ホッフェンハイム戦を控える中、25日のカラバオ杯(リーグ杯)オックスフォード(3部相当)戦からDFニコラス・オタメンディとMFオレクサンドル・ジンチェンコ、MFダビド・シルバを除く8人を変更。FWセルヒオ・アグエロやMFリロイ・サネ、MFフェルナンジーニョらがスターティングメンバーに名を連ねた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-02209163-gekisaka-socc

マンチェスター・Cがブライトンに快勝


2
立ち上がりからボールの主導権を握りながらも、アグエロがシュートの精度を欠くなど攻めあぐねたシティ。それでもプレミア王者はチャンスを確実にものにした。前半29分、自陣でボールを奪うとMFベルナルド・シウバ、アグエロとつないで左サイドのサネにつなぐ。そのサネがPA左深くまで進入し、グラウンダーのクロスを送ると、ゴール前に走り込んだMFラヒーム・スターリングが滑り込みながら押し込み、先制に成功した。

前半のポゼッション率は78.6%、パス本数は相手の3倍以上にあたる369本と点差以上に圧倒していたシティは、後半も果敢にゴールに迫り、チャンスを作っていく。11分、右サイドでD・シルバ、スターリングとつないでB・シウバがクロスを供給。PA左深くでサネが頭で合わせたが、クロスバー上に外れる。さらに13分には、PA内での混戦からD・シルバが決定的な左足シュートを放ったが、GKマシュー・ライアンの好セーブに阻まれた。

それでも後半20分にシティに追加点が生まれる。センターサークル内でD・シルバのパスを受けたアグエロが中央を突破。PA左へパスを送ると、スターリングの折り返しをアグエロが右足で流し込み、2-0とリードを広げた。直後にアグエロはFWガブリエル・ジェズスとの交代でピッチを後にした。

さらにシティは後半26分、サネに代えてMFリヤド・マフレズを投入。終了間際には、オックスフォード戦でトップチーム初ゴールを決めたMFフィル・フォーデンを入れ、ポゼッション率は80%を誇ったが、追加点は生まれず。そのまま2-0で完封勝利を飾り、4連勝で開幕からの無敗(6勝1分)をキープした。

次戦、シティはCLでホッフェンハイムと、ブライトンはリーグ戦でウェストハムと対戦する。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ