Sponsored Link

英紙が久保建英を世界注目の若手60人に選出!「来夏シティグループ移籍の可能性もある」

1
英『ガーディアン』が世界注目の若手60人を選出する「ネクストジェネレーション2018」を発表し、日本からは唯一、U-19日本代表FW久保建英(横浜FM)が選ばれた。

久保は13歳だった4年前から日本人候補者の中で最も知名度が高かったというが、今回ついに国を代表する選手として選出されることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-02743731-gekisaka-socc
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000109-sph-socc

11日に行われた流通経大との練習試合でゴールを決めたU-19日本代表FW久保



記事によると、久保がはじめて注目されたきっかけは2011年にバルセロナのスクールのトライアウトで見せたパフォーマンスだったという。そのパフォーマンスが評価され、2012年から2015年までバルセロナのカンテラに在籍。同クラブが未成年登録問題でFIFAから処分を受けて公式戦出場の可能性が断たれ、2015年3月に日本に帰国した。同紙はFC東京加入やJリーグ史上最年少ゴール、トップ昇格、U-17W杯やU-20W杯出場といったステップアップの経緯を紹介している。

スペインでは18歳になる来年にバルセロナに復帰するとも噂される久保だが、8月に横浜F・マリノスにレンタル移籍。MFアンドレス・イニエスタ擁するヴィッセル神戸相手に初ゴールを決めている。記事では「パリSGや横浜F・マリノスの株式を20%保有するシティ・フットボール・グループ(CFG)も久保を狙っていると見られ、来夏にそうしたクラブへ移籍する可能性もある」と伝えている。
3
来年5月開幕のU―20W杯(ポーランド)の出場権をかけたU―19アジア選手権(インドネシア・10月18日~11月4日)に臨むU―19日本代表の影山雅永監督(51)らスタッフ、FW久保建英(17)ら23選手が12日、羽田空港から事前合宿地のマレーシアに向けて出発した。日本は1次リーグで北朝鮮、イラク、タイと同組。準決勝に進出した上位4チームがU―20W杯の出場権を獲得する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月13日 00:48
    • ID:wvgq8oD20
    • 是非スペインにいってほしい、恐らくバルサは無理だろうし、入れてもレンタルで何処かへ行くことになるだろうから初めから行くな。歓迎されるところへ行こう
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ