Sponsored Link

“人類最速男”ボルト、2ゴールにもクラブ幹部は冷静 「他の選手と同じく扱っている」

1
世界最速の男ウサイン・ボルトはオーストラリアAリーグ、セントラル・コースト・マリナーズに練習生として参加しているなか、プレシーズンマッチ先発初出場でいきなり2得点を決めた。本当にプロサッカー選手になれるのでは――との期待が集まっているが、クラブフロントは意外なほど冷静なようだ。

現地時間11日にサウスウエスト・ユナイテッド戦にスタメンで出場したボルトは、後半12分に俊足を生かした最終ライン裏の抜け出しから左足シュートを叩き込み、初ゴールをマーク。その10分後には相手GKとDFの連係ミスから無人のゴールにボールを押し込み、2得点をゲットした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-00141214-soccermzw-socc

サウスウエスト・Uで2得点も、ミーレカンプCEOは「弱点、強みである部分を見せた」


2
2点目はいわゆる“ごっつぁん”の形だったとはいえ、初ゴールはサッカー選手らしい動きで奪った一撃だった。それだけに契約へと大きく近づいたに見えるなか、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の取材に答えたショーン・ミーレカンプCEOはこのように答えている。

「我々はしっかり他の選手と同じくウサインを扱っているし、彼は我々と厳しいトレーニングに臨んでいる。彼は弱点、それと同時にストロングである部分を見せ、そして2ゴールを奪った。それは彼に対しての全ての信用だ」

手放しで称賛するのではなく「弱点」という表現を使ったのは、本気で契約するのか否かの表れだ。「我々は間もなく帰国するマイク・ぺランSDとしっかりと話し合っていくだろう」と、じっくりと判断することを明確にしている。

これに対してボルト自身も納得のようだ。「俺は契約するまで、それについて話す気はない」としながらも、プロクラブとしての判断をこう尊重している。

「俺は一歩一歩進んでいる。そしてサッカー選手になれることを世界に証明するためにここにいるんだ。自分自身を奮起させて、どこまで行けるか見ていくよ」
3
果たしてボルトの意欲は実るのか。今後も夢実現へのトライアルは続く。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月14日 16:22
    • ID:AAbcu06H0
    • タッチ集見たけど
      プロ契約は難しいだろうなぁ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月14日 16:25
    • ID:BgMpFw.z0
    • ※1
      同感。間違いなくユースチームの選手より下手。
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月14日 16:29
    • ID:6jyHAZzs0
    • 君らはズレてる
      足元の上手さなんて求めちゃいけない

      極端な話ボルトにGKをやらせない理由と同じ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月14日 18:07
    • ID:BgMpFw.z0
    • ※3
      残念ながら裏抜けだけやってれば通用するほどサッカーは単純じゃないと思う。身体能力があればなんとかなるテレビゲームと実際のサッカーは違う。
      ただこのレベルのアスリートがここから努力してどこまでいけるかって挑戦は純粋にワクワクするし、頑張ってほしいとは思うけどね。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月14日 21:17
    • ID:wH1kja5h0
    • チャレンジする事に意味があるって話だから。頑張れと。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月14日 22:02
    • ID:RXNwcQtL0
    • 古き良きカテナチオに戦術ボルトを併用したらどれだけ通じるか見たくはある
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ