Sponsored Link

鎌田大地が4ゴール目も…シント=トロイデンは6試合ぶり敗戦

1
ジュピラーリーグは20日に第11節が行われ、シント=トロイデンはコルトレイクと対戦し、1-3と敗れた。

直近5試合で4勝1分と、好調を維持するシント=トロイデン。連勝を目指す一戦では、日本代表にも参加していた冨安、遠藤がともに先発出場。4試合で3ゴールと絶好調の鎌田も先発メンバーに名を連ねた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00010005-goal-socc

シント=トロイデンは敵地でコルトレイクと対戦


1
すると、鎌田が早速結果を残す。7分、高い位置でボールをカットしてショートカウンターを発動すると、ゴール前で受けた鎌田はドリブルでシュートコースを作ると、左足でネットに突き刺した。背番号15の今季4点目で、シント=トロイデンがリードを奪う。

好調なスタートとなったアウェイチームだったが、25分に追いつかれると、前半終了間際に逆転を許す。さらに終盤にも失点し、1-3と逆転負けを喫した。リーグ戦6試合ぶりの敗戦で、勝ち点17から伸ばすことはできなかった。

また、豊川雄太所属のオイペンは、首位ヘンクに1-2と敗戦。豊川は先発するも、ゴールに絡むことはなかった。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月21日 10:14
    • ID:qMXujkAI0
    • 守備酷いな
      鎌田についてたやつはズルズル下がるだけ下がってボール見失ってて笑った
    • 2
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月21日 10:54
    • ID:1bXMUhjd0
    • 見失ってた訳じゃなくて、外から一人追い越してるからそっちをケアしてたんだと思うよ。なんにしろシュートはスゲェ。
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月21日 10:57
    • ID:r1oO0.hP0
    • タッパもあるしフィジカルもポテンシャルはある。あと一つ皮を向けれればブンデスでもやれるやろ。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月21日 11:28
    • ID:SMzz4tLu0
    • Jの方がレベル高くないか?
    • 5
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月21日 11:46
    • ID:ruxNtiCJ0
    • ベルギーリーグに関してはレベルはJとほぼ変わらないと
      オシムや外国人選手も言ってる
      ただ欧州移籍の入り口としてみるなら悪くないのだろう
    • 6
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月21日 12:10
    • ID:I2vJl.Zx0
    • CB2人の間に立ってファーストタッチで縦に抜けたかったのが横にボール流れたようにも見えたけど、切り返してからシュートまでステップが少なく早い。やっぱ技術は高いな。

      相手は左SBが上がってるのを逆襲受けたっぽいな。だったら残りのDFが左側にスライドするか、ボランチが落ちて来てスペースケアしなきゃいけないんだけど、どっちも出来てなくてやられてる。

      鎌田がシュートするスペース作れず左右にドリブルで流れてくれたら、DFサポートも間に合ったんだろうけど
      二列目が上がって来るのを囮にされて、切り返した一瞬の狭いスペースで精度高いシュートされたら防ぐの難しい。
      タッチが細かくてプレースピードに余裕があるの大事だな。局面次第でスプリント速度が遅いのとか関係なくなる。
    • 7
    • Posted by
    • 名無し
    • 2018年10月23日 00:13
    • ID:kCL.xXQd0
    • ベルギーでも上位クラブはJ1以上で、下位クラブはJ2中位並という極端なリーグ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ